犬に留守番をしつける

犬を飼っていても飼い主は犬をおいて留守にしなければならない時は必ずありますよね
その為にも犬を飼うときにはちゃんと留守番ができるようにとしておくと言うしつけをする必要が出てきます。
まずは留守番をさせるにはケージの中でちゃんとそこでおとなしくしていられるかどうかと言うのが鍵となってきます。
そしておとなしく留守番をしてもらうためには、そのケージの中にいるのが犬にとってもとても居心地がいいと言う場所にしておかなければならないと言う必要が出てきます。
おとなしく留守番してくれれば飼う側としても助かりますよね、
ではどうすれば犬にとって居心地がよい場所になるのだろうかと思いますよね
ケージの中で食事をしたりとか、犬の好きで気に入ってるおもちゃを入れておいたりとか、
もしくは毛布を入れて置いたりするのがとてもいいかのかもしれません。

まずは犬にお留守番のしつけをしますそのときには、
ちゃんと留守番をしていれば時間が来れば家に人が帰ってくるのだということをしっかりと教えてあげると言うのが一番いいとのではないかと思います。
そのためには、いっきに長い時間留守番をさせるのではなくて徐々に徐々に少しづつと留守番をさせる
時間を長くしていきます、そして帰ってきたらここでたくさん褒めてあげて下さい「いい子で留守番してたね」といっぱい言葉をかけてあげましょう。

留守番をさせるときに大切なことがあります、それは出かけるときにはいつも変った出かけ方をするのではなくいつもと同じようにと出て行くことも大切です。
もしここでいつもと違った行動をとってしまうと、犬は逆にとても不安になったりしてします可能性がありますので
必ず出かける時にはいつもと同じようにして外出をするようにしましょう。

そして、犬に声をかける時には「ダメ」というしつけをするときにはいつもと同じような声のトーンでしましょう、
そうやって同じ言葉で言うようにしたほうがいいと思います。
その時その時に違う言葉をつかったりとか声のトーンを変えたりとかで言ってしまっては
犬の方は混乱してしまい飼い主の言うことを聞かなくなります。少々大変かもと思う方もいるとは思いますが大事なことなのでそうして下さいね
またしつけでダメということを教えるときには、決してここで体罰などは与えないと言うことです。
そしてここで大切なことはダメということがちゃんとうまくできたらここできちんと褒めてあげることです。

しつけの中ではダメという事は、トイレの失敗のときと同じようにダメといってはいけない行動もしっかりとありますので、
その時その時の状況に応じていきダメのしつけをしっかりとしていくようにしましょう。

犬を飼うにしても可愛いだけではすまされませんしっかりと根気よくしつけをしていきましょう

posted by しつけ丸 at 19:39 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。