犬をしつける時期について

犬を飼うにしてもしつけが必ずと言ってもいいほど必要となってきます、では犬のしつけというのはいったいいつ頃から始めるのがいいのだろうかと思いますよね
犬を飼うに当たって大事なしつけがあります その話しをしていきましょう
まずは年の取り方なんですがそれは犬と人間と言うのは全く違ってきます。そしてまたどこから見てもわかるように犬の行動も本能も全然違ってきます。
たいていの皆さんもわかるように犬と言うのは人間よりも成長と言うのがとても早いようです。
その計算をしてみましょう、それはと言うと子犬の時期だと大体1ヶ月位で1歳という計算で成長していくようです。
実に早い成長です、ですからそう計算していけば大体半年で6歳になるということになってくると思います。
顔つきも人間の子供と同じように赤ちゃんの顔つきから少しづつ子供の顔つきに変わってくると思います。

このようにして、生後たったの何ヶ月かで人間で言う小学校入学のレベルまで成長すると言うわけなのでそうであれば、
本当に生まれてからすぐにでもトイレのしつけなどを始めておいたほうがいいのではないかと思います。
ここでちょっとよく考えて見てください。例えば人間の子供にもちゃんとトイレのしつけを教えなければなりませんよね
ではいったいトイレを教えるのっていったい何歳くらいでしょうか?人間の子供のときでは6歳からではちょっとそれじゃ遅すぎますよね。
では4歳ぐらいではどうなんでしょうか?これでもちょっと考えてみても遅いのではないかと思いますよね。
人間の子供ならトイレを教えるには、だいたい始めるのが1歳〜2歳位からしてみてもよいかと思いますので、
これを犬で言うと大体生後1ヶ月〜2ヶ月頃からトイレのしつけを始めてみるのがいいのかもしれません。

例えば犬の「咬む」という行為なのですが、そのしつけはある程度少し大きくなってからでもいいかと思います。
もし生後2ヶ月頃に焦って咬むなどというしつけをしたとします、
そうしたとしても力加減をちゃんと加減できるわけでもないですし、
それにあまり理解もできているとは思えないと思います。
人間で例えて言うと大体2歳位の幼児が母親に何を言われてもあまりよく理解できないのと一緒だということです。

そこで犬のしつけに関しては、精神面や年齢面などをしっかりとよく考慮をしてから、しつけの仕方やしつけの内容などを少しづつ変えていくのがいいと思います。

飼い主と犬がいつまでも長くよりよい共同生活を一緒に送るためにも、
ちゃんとしたしつけは是非とも行うようにしることをおすすめしたいと思います。

posted by しつけ丸 at 19:49 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。