子犬の頃のしつけ

みなさんの中でもこれから犬を飼いたいなと思ってる人もおおいのではないかと思いますが
まずはここで子犬に関するしっかりとしたしつけの方法がいろいろとありますのでそれを
少しご紹介していきたいと思います。

まずはポイントの一つとして子犬をしつけるときにはそこの環境に慣れさせることも必要です。
子犬と言うのは人間の子供と同じ様に順応性がとても高いものです。
そう言うことですから初めのうちには多少戸惑う事が多いかもしれませんがかここは大丈夫です
そばに人間がいるんだと言う環境にここは慣れると言うことができるはずだと思います。
犬は人間に飼われる以上は、周囲に人間がいつもいると言う生活になりますので、
これはと言うと絶対条件でありますそして周囲の環境にもしっかりと慣れさせると言う必要が出てきます。

そしてまた、子犬のうちにワクチンがちゃんと終わっていないと外に散歩などはできませので、
ワクチンがまだという場合なら飼い主が犬を抱っこなどするようにして外に連れ出して、
まずは車の音を聞かせてみたりとか家の周りの音を聞かせてみたりするなをどして、
人間の子供と同じように家の中ばかりでなく家以外の外の世界を子犬にも見せてあげると言うことも
大切なひとつなのです。こう言うふうにして子犬に人間社会と言うものを少しづつ慣れさせていくようにしたほうがいいと思います。

犬を飼うににもしつけはとても大切なのですそのしつけをするのにも一番いい時期
というのもちゃんとありますその時期とは子犬のときが一番いいのではないかと思います。
なぜ子犬のときが一番いいのかなと言うと、人間の子供は小さいうちのほうが頭もとても柔らかくて
何でもすぐに吸収していきますますよね。それと同じように犬もそうなんです
そうですから、生後大体3週目〜12週目くらいの時期のうちにしつけと言うのを行うことが
最も覚えてくれる次期なんではないのかと思います。

そしてまた、このしっかりとしたしつけをちゃんと覚えやすい時期(=社会化期)とは、
他の事を覚える時期でもありますその時期とは自分と他のものを区別してくると言うことでもあります。
しつけというものはそういう時期にすることによって、そのことが当たり前の話しのことなんだと言うことを
子犬にちゃんと認識させると言うことが可能となってきます。しつけにもちゃんと時期と言うのがあります
そうすることにより、よりよい社会性を持ちますそしてリーダーの言うことをちゃんと聞くような
犬に育てていくことが可能となってきます。

何事もちゃんとしたしつけなどが必要となってくるのでここは焦らず根気よくしつけを頑張っていきましょう

posted by しつけ丸 at 21:39 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。