犬をきちんとしつけましょう

まずは、【甘噛み】です
犬はいろんな所を噛んでしまいます。そこで甘噛みだから全然痛くないからこのぐらいは平気だと思ってしまいたとえそこで
噛んだとしても何もしつけをしないでしまえば、噛み癖がついてしまったと言う犬になってしまいます。そうなってしまってからではちょっと遅いです
このまま放置をしたままにしておくと犬が成長したときには自分の順位付けをしようと思ってしまい
その順番付けを噛むという行為に走ってしまうと言う場合になってしまいますので、
犬の甘噛みはさせないように絶対と言ってもいいほどにちゃんとここでしつけをしておいた方がいいです。

それならいったいどうやってしつけをすればいいのかですよね、
子犬にしても成長した犬にしても同様のことが言えるのですが少しでも噛むと言うたびに「ダメ!」
と一言を言ってしっかりと叱って下さい。
そして叱るのと同じくにして犬にとってもとても嫌なことであると言う息を耳に吹きかけたりとか
嫌な音を立てたりとかをして、噛むのを止めさせるようにして下さい。
ここで少し注意しなければならない事がありますそれはと言うとここで犬を驚かせてしまってはいけないと言うことなのです。
もしここで驚かせてしまうと噛むのを止めるところかついつい本気で噛んでしまうと言う場合が
あると言うことなのでここはしっかりと注意してしつけをして下さい。

次は【トイレ】です
犬のしつけで重要なのはトイレのしつけです子犬の方がトイレをしつけるときの方がしつけしやすいのではありますが、
例え成長した犬であってもちゃんととしつけることができますのでここで諦めてはいけません。

トイレをしつけて行く上でも注意しなければならない事がありますそれは、
たとえトイレを失敗したからとは言っても怒りたい気持ちはわかりますがここで決して叱ったりしてはいけないということです。
もしここで「ダメ」とかと言って少しきつく叱ってしまうと犬はここでトイレをすること自体がダメなことなんだと言うように勘違いをしてしまうので気お付けて下さい、
その結果で我慢させてしまったりとか最悪の場合には膀胱炎になってしまったりすることもあるので
決してここで叱ってはいけないのです。

犬にトイレのしつけをするのにあたって、一番簡単な方法もありますそれは犬がトイレをすると言う場所のそこを
トイレとして設置してあげると言うことなのですが、しかし場所的に考えてもそれは少し難しいと言う場合があるかと思います。
そう言うことですからちゃんと決まった場所でトイレができるようにしてあげましょう
決して焦らずに諦めずに根気よく犬にトイレの場所をちゃんと教えてあげるようにしていきましょう

犬を飼うにしてもしつけはつきものですただ可愛いからと言うだけで何もしないと後が大変ですのでしっかりと褒めると叱るを使い分けてちゃんとしつけをしていきましょう

posted by しつけ丸 at 23:54 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。