犬に「おすわり」「無駄吠え」をしつける

犬を飼うにしてもただ可愛いだけではすまされません、いろいろとしつけと言うのがしっかりとありますその中の一つで
犬のおすわりのしつけと言うがあります、まずはおすわりをさせるときには、
普段いつもしていると言うポーズの一つであると言うオスワリのポーズのなかでもに
「おすわり」という言葉を使ってその号令と言うのを結びつけて行くようにしてそう言うふうにしてしつけていきます。
そのおすわりがしっかりと上手にきたときにはここで犬を褒めてあげると言う事がもちろん大切なことです。
最初のうちはそこでたとえ褒めてあげたとしても、犬のほうはいったいこれは何に対して褒められているのだろうか
とわからないのでいるのではないかと思いますが、しかし一回でなく何度もこの行動を繰り返していくうちに、
犬もちゃんとポーズと「おすわり」という号令がしっかりと結びついてくるのではないかと思います。

おすわりさせるのも大切ですよね、犬に教えておきたいしつけの一つのうちなのがこのおすわりというものなのです。
それと同様にも「マテ」というのもありますこのマテと言うのもしつけのうちの大切なうちの一つなのです。
たとえばなんですが犬がここで興奮状態であるときにでも「マテ」や「おすわり」がちゃんとできれば、
道行く人とそこですれ違ったときでも犬はちゃんと安心してまっていることができることだろうと思います。
犬を飼うにするにでもこれは最低限のマナーなのであるんだと思うことなので、
必ずしもこの行動をしつけて行くようにとしておきましょう。

次に大切なしつけなのですが、それは犬の無駄吠えに関することです、犬はよく吠えると言うことがよくありますが
この無駄吠えとは周囲にとってもとても迷惑な行為でもありますので絶対と言ってもいいほどに
止めさせたいと言う行為ではありますよね。でもしかし、吠える時にはただ甘えてきたりとか構ってほしい時だけではなくて
もしかして体調が悪くてそれで無駄吠えをすると言うこともありますので、
無駄吠えを絶対にさせないというようなしつけをするのではなくて
吠えると言うことをちゃんとコントロールできるようになるようにとしつけていくというような感じにしていけばいいかと思います。

少し大変かもしれませんが、コントロールというのは、もしかして体調が悪いからそれで吠えているのか、
それとも甘えたくて吠えているのか、どちらかの理由をしっかりと見極めて叱ったりすることなのです。
しかしただたんに叱るということもよいのですがそれよりはここで無視をするといったしつけの仕方のほうが叱るだけよりも効果的なのかもしれません。

posted by しつけ丸 at 00:54 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。