犬のしつけ ワンポイントアドバイス その6

まずは【子犬のしつけの方法】です
子犬をしつけるときには少し手間がかかるかもしれませんと言うのも色々な工夫が必要となってきます。
子犬はと言うと、人間の子供と同じようにまだまだお母さんが恋しいと言う年齢でもありますよね。
そういうのをみてても飼い主にしてもついついと甘やかしたくなってしまうのではないかと思いますが、
子犬は確かに可愛いものがありますものね、でも子犬のうちからしっかりとしつけをしておけば、
この先もしつけもとてもしやすくなりますし、飼い主や、子犬ともお互いにも暮らしやすくなるとのではないかと思います。

まずは一番重要になるポイントとなる子犬のしつけではありますがそれはと言うと、
可愛いからと言ってここで甘やかしてはいけなと言うことがあげられます。
しつけをするときには子犬だからと言ってできるわけないと言う考えは捨てた方がいいでしょう、子犬でもちゃんとしつければ出来ます
ここはきちんと子犬をしつけてあげると言うことが必要であり大切なことなんだと思います。

そして、子犬に教えると言うことでとても大切なこととは犬と飼い主との主従関係をちゃんと教えることなんだと思います。
例えばと言うと、おもちゃなどを使って犬と飼い主で取り合いの遊びをしてみて下さいそして飼い主が勝つなどとかしてみて、
そして犬と飼い主の誰がリーダーであるのかなどをきちんと犬に教えておいた方がいいでしょう。

次は【子犬のときにしておくしつけ】です
まずは子犬をしつけると言うときには、
あれもこれもとしつけをしなきゃと思い焦って無理やり行おうとしようとすると言うのは無謀な話しです。
犬と言ってもまだ子犬なのですからいきなり難しいしつけはできないようです。
そうは言ってもしかし簡単なものならばそれは可能なことです。
その上、あるいは子犬のほうがしつけの内容によってはその方が覚えやすいと言うものも中にはあると思いますので、
その辺をよく考えてちゃんと見極めてからしつけをしていくようにしましょう。

そしてまた、子犬を飼ってればそこであまりにも可愛くて子犬と飼い主だけの世界になりがちになるのではないかと思いますが、
その気持はよくわかりますがそんな世界だけではなくて、
外の犬とも少し触れ合うなどをしたりしてこの世の中には自分ばかりでなくて他にも色々いるんだなということを子犬にもちゃんと教えてあげましょう、
そしてしっかりと社会性があると言うりっぱな犬に育てるようにとちゃんと心がけてしつけをしておくのも決して悪いことではありませんいいことなんだと思います。
posted by しつけ丸 at 01:54 | Comment(0) | ワンポイントアドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。