犬のしつけとは

犬を飼っていくなかでも可愛がるのも大切ですがその前にまずはしつけが必要となってきます
例えば犬のしつけと聞いたら「お手」とか「お座り」などと言った基本的なものがありますが
それをを教えるのがしつけだと言う行為なんだと思う方も中には多くいるのかもしれませんよね、でもそれだけではないのです。

犬のしつけをしていくと言うのは人間と犬が心地よく楽しく仲良く一緒に暮らしていくと言うための
方法を犬にしっかりと教えていくと言うことではないのではないかとそう思います。

まずは、始めに行うのは犬に禁止事項と言うのをしっかりと教えていきましょう。
それでは禁止事項とはどんなことかと言うとまずはトイレを決まった場所以外ではしないこと、
無駄吠えをしないこと、などといろいろとありますそしてまた、犬のおもちゃも遊んでいいものと悪いものの区別しっかりとを教えていくこともしつけの一つに含まれてきます。

犬をしつけるにもいろいろとあって少し大変かも知れませんが、
犬のしつけをしていくことににあたって、まずは覚えておいてほしい事があります、
それは犬をしつけをしていくと言うことで、その言うことを聞いてくれればさえいいと言う考え方をするのではなくて、
大事なのは飼い主側の方も犬が飼い主のしつけをちゃんと聞いてくれるような人になると言うことも言えます

少し難しいのかもしれませんが、それでは犬のしつけをするのはいったいなぜ必要なのだろうと思いますよね
例えばなんですが散歩の途中に意味もなくむやみに知らない人に向かって吠えかかったりとかする時もあると思います
吠えられたそんな経験はありませんか?そして知らない人に急に襲いかかってしまったりとか、
何でもむやみに変なものを拾い食いしたりなどをする可能性もありますそう言ういろいろなことをしないように、
そしてまた犬と飼い主が一緒に暮らしていく中でも快適な生活をおくらせるためにもしつけが必要となるわけです。

もし犬がきちんと飼い主にしっかりとしたしつけをされているとしたなら、
いつでもどんな状況のときでも飼い主の言うことをちゃんと聞き、そして回りにも迷惑がかからないようにできるということです。

犬のしつけを通して言えることがありますそれは、飼い主や犬の安全面などや、周りの人々の安全面もしっかりと守ると言うことがしっかりとできると言うことです。

そう言ったことを考えると犬のしつけはとても必要となるわけなのです
そしてまた教える側の飼い主の方もきちんとしつけの義務などを果たしているとか、
犬に最低限のマナーを身に付けておくようにとしっかりとした心構えをしっかりしておく必要がでてくるのです。

人間でも暮らしていく中である程度のマナーは必要ですよねそれと同じように犬にも焦らずに根気よマナーを身につけていくのも
外で散歩するにも家で快適な暮らしをしていくにはとても必要となっていくわけです。

posted by しつけ丸 at 07:54 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。