犬に「こい」「ふせ」をしつける

犬を飼うにしてもいろいろとしつけがあります、その犬のしつけの中には「こい」というのがあります。
これはその文字通りに飼い主自身から離れている場所から犬を自分のところまで呼ぶと言うときのしつけと言うわけなのです。
この関連付けのしつけの一つとしての中でも「待て」と言うがあります。
これは一緒に教えるようにしていくといいでしょう。

この「来い」と言うのがとても役立つと言うのは外で散歩をさせているときとか、
運動をしているときなのです。まずは最初のうちはリードをつけた状態で犬から少し離れてみてください。
目いっぱい離れたところで犬に向かって飼い主がしゃがみこんで「来い」と言ってみます。
こうして何回もやってみて犬が飼い主のもとまで来るようになるまでしつけていきましょう。
でもしかしこのしつけは最初に「おすわり」と「まて」がきちんと出来ていなければとても難しい事なので
きちんと順序だててからしつけをしていくようにしたほうがいいと思います。

「おすわり」と「まて」が出来るようになったら次にこの「来い」をしつけます
この「来い」が出来るようになったらその次にリードを更にもっと長くしてみたりしてみます、
出来るようになったら最終的にはリードを外してみたりしてみましょう。

では次には「伏せ」というしつけがあります色々としつけがありすこし大変ですが。
犬をお座りをさせたままおやつなどを見せてみます、そしてそのおやつを地面に少しづつ近づけてください。
そうしてみれば、犬がおやつが欲しくてそれを追ってごく自然にと「伏せ」」の状態になります。
この伏せる状態になる瞬間をみつけてそこで飼い主は「伏せ」と声を出してみましょう。
もちろんのことここでうまく伏せが出来たらちゃんと褒めてあげてくださいね。

でもどうしてもここで伏せができない場合には、根気よくおやつを目の前にほれほれと言うふうに見せながら
前足を少し手に持って手前に引っ張ってあげてみましょう。
これを根気よく繰り返していくと徐々にと伏せができるようになってきますよ。

何をするにも根気が必要になってくるんですね、ご褒美をあげることによって伏せが出来るようになったら
ご褒美を挙げなくても、手と声だけを使って出来るようになるまで頑張ってみてください。
もちろんここでちゃんと伏せが出来たらしっかりと褒めてあげることも忘れないでくださいね。

犬も子供と一緒にいい事をしたときには褒めてあげるのが一番なんです

posted by しつけ丸 at 08:54 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。