犬に「ダメ」をしつける

小さな子供と一緒で犬と言うのは基本的にはいたずらがとても大好きな動物なのです。
大人になった犬よりも子犬のほうがとても結構意外ないたずらをすることがよくあります。

そんな子犬がいたずらをしたりしたらただ見てるだけで子犬だからと言ってそこで「しょうがないなぁ。とか可愛いなぁ」って
思ってしまいついついそのままにしてしまいがちだと思いますが。そうしてしまえば、
子犬の方はこれをすることは駄目ではなくいいことなんだと言うふうに判断をしてしまいます、
いたずらをする=飼い主が喜ぶことなんだと思ってしまい止めるどころかそれを更にやるようになってしまいます。

室内で飼う犬の場合には、部屋の中と言うところには電気や食べ物など人間にとっても何ともないことでも
犬にとってはとても危険なものというのがものすごくと言ってもいいほどたくさんあるということです。
少し大変かも知れませんがそういう危ないものに触ったり食べさせたりしないようにする時に必要なしつけには
「ダメ」というしつけがとても有効的になってきます。それくらいにこの「ダメ」というしつけとはとても重要なものの一つなのです。

ではこの「ダメ」のしつけを教えるときはどんな時なのかと言うと、とても大切なのはそれはまさに現行犯
でということなのです。痕跡を見つけてからそれに対して犬をしかったとしても、
犬はなんで怒ってるのだろうと言うふうに何に怒っているのかさっぱりと理解ができずに混乱してしまうようです。

そう言うことなので犬が混乱しないためには、まずは現行犯と言うことでその場をみつけたらすぐにでも「ダメ」
だと言う事を口調を少し強めにして叱るようにして下さい。

また、なんでもかんでも叱ったり褒めたりと区別つもせずに
するのではなくて、しっかりと叱ることと褒めることを上手に使い分けることもとても大切なことなのです。
いたずらをしたらしっかりと叱る!そしていたずらを止めたらしっかりと褒めるというように
きちんと上手に使い分けるようにしたほうがいいです。
このとき大切な事がちゃんとありますそれは、犬を叱るときには名前を呼ばないようにすることです。
なぜなのと思いますよね、それは、もしここで犬の名前を呼んで叱ってしまうと、
普段普通に名前で呼ばれたときにでもここで叱られていると思い込んでしまうからなのです。犬を飼うにしてもいろいろと

しつけが大変かもしれませんがここでちゃんと 叱ると褒めるを使い分けないと後で大変になるかもしれませんので
きちんとしつけをしていきましょう

posted by しつけ丸 at 09:54 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。