犬のしつけ ワンポイントアドバイス その5

犬を飼いと言う人も多いのではないかと思いますが犬を飼うに当たってまずは
【失敗しても叱らないこと】です
犬をしつけしている中でも、犬は失敗することももちろんのことたくさんあると思います。
そこで重要な事がありますそれは失敗ばかりするからと言って怒りたい気持ちもわかりますがここは絶対に犬を叱ってはいけないことだいうことです。

例えば例をあげてみますとトイレのしつけのときなのですが、トイレは重要なしつけではありますが
ここでしつけを始めたばかりのときにはやっぱりトイレを犬が失敗すると言うときが必ずと言ってもいいほどあります。
そのときについついと飼い主がいつもよりも高い声を出して騒いでしまったというときもありますよね。
その高い声を犬が聞けばもしかしてこれは褒められているのではないのか?
と言うふうに勘違いしてしまうと言う場合があります。これではしつけも何もできませんよね。

そうですから、たとえ犬がトイレを失敗をしたときでもここは冷静に低い声で「だめ!」と言うふうに
ここでしっかりとした叱りかたをするようにしていきましょう。それかまた叱るよりもここは見て見ないふりの無視すると言うのが効果的であると言う場合もあります、
ここは焦る気持もわかりますがそのときその場の判断に応じていきしっかりと注意するようにしましょう。

次に大事なことは【殴ったりしない】と言うことです
犬をしつけるときに、自分の言うことを聞かないと思わず手が出てしまいがちなのがよくあることなのですが、
体罰はよくありませんので絶対に手を出してはいけなと言うことです。
体罰と言うのは犬にとっては全然必要ないことだと思います。

まぁよく考えてみてもひと昔ならは弱冠の体罰を与えてそして教えるという考え方もなかったとも言えませんが、
現在では犬と言うのはいくら失敗するからと言ってもここで体罰を与えないようにしましょう、
ついつい手が出てしまうと言う気持ちもわかりますがここは焦らずに根気強く何回も同じことをちゃんと教えてさえいれば犬もおりこうさんなのできちんと理解をしてくれると思います。
例えもしここで体罰を与えてしまったとしたら、ここで噛み付かれてしまったりしてこう言った反撃を食らってしまうと言う可能性が出てきます、
それではちゃんとしたしつけにはならないのではないかと思います。
しつけをするところか返って反対に犬との信頼関係が失われてしまうと言う可能性があります。
ですから、飼い主側の方も焦らずに根気強く何回も繰り返して同じ事を教えていくようにしたほうがいいでしょうここは根気比べになりそうですね。
でもそうすることによって、犬とよりよい信頼関係が生まれてきます、
そしてしつけもうまくスムーズにいくようになるのではないかとと思います。

何事も初めと根気が必要とされるのだと思います

posted by しつけ丸 at 13:54 | Comment(0) | ワンポイントアドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。