犬のしつけ ワンポイントアドバイス その4

犬を飼う時にまずは気お付けなければならないことがありますそれは犬を【甘やかさない】と言うことです

犬を飼い始めてみたらそれはあまりにも可愛すぎてしまいついついと色々な行動を注意もなにもしないで多めに見てしまうと思います。
でもしかし気持はよくわかりますがそんなことではちゃんとしたしつけと言うものができなくなってしまいます。
犬をちゃんとしつけたいと思うのならば犬にとっても自分にとっても大切なことなのですがここは決して甘やかしてはいけないと言うことです。
甘やかし方の例としては普通以上にに褒めすぎたりとか、おやつを必要以上にあげすぎたりと言うことがあると思います。

でも犬を甘やかさないと言うことは少し考えてみたとしてもとても難しいことだと思います。
甘やかしすぎてついつい餌やおやつをあげすぎて犬が太りすぎたら大変なことになってしまいますよね
そんなふうに、ついついと甘やかしすぎてしまうと言うこともあると思いますがその結果として、
犬は色々なめんで勘違いをしてしまうと言うことになります。
ではいったいどういう勘違いをしてしまうのかと言うと犬が「もしかして自分がリーダーかもしれない」とか
「自分はこの家族の中では一番のリーダー格の存在だ」などと言った勘違いです。
こんなふうに犬がもし勘違いをしてしまえば、ここでこれからのしつけと言うものをとてもしづらくなってしまうと言う可能性が出てきます。

そう言うことなので、犬をちゃんとしつけたいと思うのなら甘やかしたいと言う気持ちを抑えて甘やかし過ぎないように注意していきましょう
そしてどこから誰が見てもとても立派な犬になるようにとしっかりとしたしつけを十分にしていきましょう。

それから次に重要なのは根をあげずに【根気強くしつけをしよう】と言うことです

飼い主が犬をしつけているときによく出てくると言う想いというのがありますそれは「あせり」ではないかと思います。
一発で成功してたら誰も苦労はしませんいくら同じ事を何回も言い聞かせてるのに全く言うことを聞いてくれないと言うことはよくあることです、
そしてよくありがちなことなんですが他の犬と比べても相がないのについついと比べてしまうとかがあると思いますそれはよく感じてしまうことだろうと思います。

犬と言うのはこれまた厄介なもので集中力と言うのがあまりもないと言うことなので、
これは効率のよいことを考えてそしてよくしつけをしなくてはならないと思います。
そう言うわけなのですから焦りもわかりますがここは焦らずに何回も短時間のしつけを繰り返してみたりとかをしてそして反復練習をするようにして見て下さい、
その時には犬の方が飽きてしまわないようにいろいろと工夫をしたりして見たりして下さい
そして根をあげずに根気強く気持ちを持ってしつけをしていくようにしたほうがいいでしょう。
少々時間がかかりそうな気もしますが、飼い主側の方が根をあげてしまい決してさじをなげてしまうと言うようなことはしないようにして下さい
根気強く続けていきしっかりとしつけていけばきっと犬にも想いが伝わる日が来るはずだと思いますよ。

posted by しつけ丸 at 14:54 | Comment(0) | ワンポイントアドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。