犬のしつけ ワンポイントアドバイス その3

犬を飼うにつれ名前も必ずつけますよねそこでまずは【呼び方を統一しよう】と言うことです

犬のしつけをするときには、「駄目」とか「コラッ!」とかなど色々としつけをするときに声をかける
と言う呼び方があるのではないかとは思いますが、しかし犬にこの呼び方はちゃんと統一をしていくと言うことが必要なのです。
犬に人間の言葉をあれもこれもとをたくさん並べてそれを全部覚えさせようとしても少し無理があると思います。
犬を叱るにしてもそして同じ叱る言葉でもいろいろと変えてしまってはいけないのです、
ここで言葉をちゃんと一つに統一していかないとその時に犬は混乱と言うのを起こしてしまうと言う可能性がでてきます。

また、叱るときや褒めるときに犬の名犬を混乱させるわけにもいけません、そして名前を言ってしまうと言う場合もあるとは思いますが、
この場合には少し注意をしていくと言う必要が出てきます。
犬を叱るときにも、褒めるときにも名前で呼んでしまう人も多いいとは思いますが、
でもそこでいつでも名前で呼ばれていたとすると犬はいったいどっちで呼ばれているのかと言うふうに分からなくなってしまうと思います、
そこで名前を呼ばれる時=叱られている時、または名前を呼ばれる時=褒められている時と言うふうに認識をしていまいます、
そしてそれがつながりとなりしつけが少しうまくいかなくなってしまいます。

ですから、犬の名前を呼ぶときには叱る時には呼ばないようにして褒めるときだけ名前で呼ぶというように決めておいたほうがいいと思います、
名前を呼ばれるときには褒められてるんだというようにとてもいい認識と言うものを植えつけるようにして言った方がいいと思います。

それから次には犬が良いことをした時には【ご褒美をあげよう】と言うことです

犬はしつけがとても必要ですそこでしつけをしていく上でとても有効的であると言う手段の一つとして
ここでご褒美をちゃんとあげるということがあると思います。
犬をしつけるときにはいくら教えても出来なかったら少しイラついてきてついついと叱ってしまうと言うことがあると思いますが
ここで犬を、叱るということをするよりも、褒めると言うことの方がしつけをするときにはとても有効的なのです。
犬の場合には「叱られたから行動を止める」と言うのではなくて、
「ご褒美がもらえるために行動を起こす」という観点で考えていると言うことがあるようです。
そう言うことからも言えるように、犬をしつけて行くと言うときにはこういうことをちゃんとしていけば、
とてもいいご褒美がちゃんともらえるんだということを犬に教えてあげましょう。人間もそうなんですが犬はご褒美がだいすなんです

それから、犬はいたずらをすることが大好きなのですそれでいたずらなどをするすることもよくあることです。
そういういたずらをしているときにはどんだけしつけをしようとしたとしてもこれではできなわいという場合もあるんだということを
しっかりと覚えておきましょう。しつけするにも時期やタイミングと言うものがちゃんとあるのですね

そのへんをちゃんと踏まえてしつけをしていきましょう

posted by しつけ丸 at 15:54 | Comment(0) | ワンポイントアドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。