犬のしつけ ワンポイントアドバイス その2

犬を飼うににしてもしつけがちゃんと必要ですよねそこでまずは【態度は変えずにしつけをする】と言うことです

ポイントの一つとして犬をしっかりとしつけると言うのがありますが、まずは覚えておいたほうがいいと言うことは犬は少し混乱しやすくなっているようです
そこで混乱をしないようにするためにもちゃんとしたしつけしていくと言うを注意をしなければなりません。
犬は頭がよいとよく言われているようですが、
人間の世界におけると言う善悪の判断がつくと言うほど頭がいいと言うわけではありません。

そんなことですから、もし犬がここで噛みつくと言うことなどの行為をしてしまったら、
例えそれが甘噛だったとしても、この時にはちゃんとしかるようにしましょう
甘噛だからと言って甘く見てここで黙っていって叱らないと言うような態度を取れば後で大変な目にあいますので。

そしてまた逆に言えることはもし良いことをした場合には、ここで思いっきりと褒めてあげるようにしましょう。

でもそうとは言っても犬はとても可愛い動物だと思います。何かちょっと悪いことをしたとても
「仕方ないなー」なんて思いそう言ってついつい許してあげたくなっちゃうのが普通だと思います。
犬が可愛いなと思う気もちもよくわかりますが、それでも毅然としっかりと一貫した態度を持ってきちんとしたしつけをしていくときには
しっかりと接するようにしていきましましょう。

それからまだ大事なことがありますそれは【褒めるときにはいいことをした行動のそのすぐ後に】です

叱るときもしても褒めるときにしてもどちらも同様と言える話しなのですが、
犬が何かいい行動や悪い行動をしたと言う直後に褒めたりとか叱ったりするということをちゃんとわけてしつけをしていくようにしていきましょう。

その場で褒めないであとで少し時間がたってから「あのときにはいいことしたねー」なんて褒めてあげたとしても
そこは人間の子供とは違い犬にはいったい何の事で褒められてるのかと思い何のことなのかか分からないようです。
叱る時も褒める時もタイミングと言うものがとても重要なのですそこでもしタイミングが悪ければ
たとえ悪いことをしても何もしなければそこでこれは良いこなんだと言うふうに認識をしてしまったりとしてしまうと言う可能性が出てきます。

このことからも言えるように犬がなんらかの行動を起こした直後にちゃんと褒めてあげれば、
犬がいったいどんなことをしたら飼い主に褒めてもらえるのかをちゃんと認識をしていきます、
次からは褒めてもらいたくてこれからもいい行動をするようにとなってきます。

犬をしつけるにも色々とありますので少し大変かもしれませんがしつけするには「叱る」と言うよりも「褒める」と言うことが大切なことです。
ですから犬がいいことをしたとしたらここできちんとタイミングを見極めて良くやったねと言うように褒めてあげるように上手にやっていきましょう。

posted by しつけ丸 at 16:54 | Comment(0) | ワンポイントアドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。