犬のしつけ ワンポイントアドバイス その1

犬をこれから飼うにしても犬に主導権を認識させてしまってからではおそすぎますのでここで
やらなければならないのが飼い主が【犬のリーダーになろう】と言うことです

まずは犬をしつけるためにはいろいろとあります、それは飼い主が犬のリーダーになると言う必要性がでてきます。
飼い主が犬のリーダーになるというのはしつけのなかでも基本中の基本な話しのです。
そう言うこともテレビでもたまにやってますのでもうすでに知っていると言う方も数多くいらっしゃるのではないかと思います。

ではなぜこれが大切なのかと思う方もいると思いますがそれはと言うと、
犬の習性の中でも「リーダーは絶対」だと言う事が言えます。
そうですからこの習性を活かすためにもこのしつけの基本なんだと言うことになるからなのです。

野生の犬の中では、犬のなかでもリーダーの言うことをちゃんと聞かなければ群れから外されたりとかします、
そして制裁を食らったりとかをして時には最悪の場合には命の危険へとさらされると言うこともあるのです。

野生の中でも生きていくにはこう言った習性を持っているんですね 野生の犬だけでなく飼われてる犬にもこの習性があります
そこでこの習性を上手に利用をしていきましょう、
そして犬のちゃんとしつけをするようにすれば犬自体は苦痛を感じると言うこともなく上手にしつけをできるようとなってきます。

そして次に必要なことは【順位付け】です
犬をしつけて行く時には、
まずは重要なポイントになると言うのは飼い犬にとっての「群れ」とになるのが家族の順位付けなんだと思います。

例えばと言うと、小さな子供がいると言う家庭も多いとは思いますがその場合には、
犬と子供が仲良くしていくまでにまるで兄弟のようにと育ってしまうと言う場合があるようです。
犬と子供が仲がいいのはもちろん悪いことではなくいいことなのではありますが、
それでは順位付けも何もなくなってしまうような育ち方になってしまうと言うことでここで
ちょっと面倒なことになってしまいます子供はそうは思わなくても犬の中では子供が自分と同レベルだと言うふうに判断してしまうことになります、
そうなってしまえば犬が成長した時には子供よりも自分が上の立場にたとうとしてしてしまいそして子供に攻撃をしてしまったりとかします、
そうなってしまえば犬は子供の言うことを全く聞かなかったりしてしまうという可能性が出てきます。

こうなってしまえば少し手遅れの場合がありますのでこうならない為にも、犬にちゃんと順位付けと言うのをちゃんと教えるためににも
いろいろな工夫が必要となってきます。工夫の一つとして例えば食事をするときには家族が食べ終わった後に与えるとか、
そして家のリーダーが家族を呼ぶときには犬を初めに呼ぶのではなく家族の最後に呼ぶとかそう言う工夫
などがをしていくのがいいのではないかと思います。

犬に誰がリーダで自分がどんな立場なのかを教えるためにもいろいろな工夫を上手にしていきましょう

タグ:犬のしつけ
posted by しつけ丸 at 17:54 | Comment(1) | ワンポイントアドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

おっさん童☆貞が15万ゲットォォォ!!!!
若いコに筆おろししてもらえるとかマジ勝ち組すぐるwwwww

ていうか女とやるって意外とカンタンなんだなwwww
最近じゃ俺のメタボディを武器に、おにゃのこハメまくりっすよ!(*゚∀゚)=3
http://goo.gl/q3XS
Posted by 余裕すぎわろたwww at 2010年10月02日 17:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。