やりなおし!トイレのしつけ

犬というのはきれい好きなんだと言うことはみなさん知ってますか?一度ちゃんと決まった場所でトイレをすることを覚えれば、
ほかのところでは排泄をすること自体がしっかりとなくなります。
このようにして犬にトイレをきちんとしつけすると言うことは大変必要になってきます
そして犬が生まれもった本能がちゃんとありますのでそれを上手に利用して行っているのです。

でもしかし、一度トイレをきちんと覚えたはずなのに、ここで間違えておもらしをしてしまったりとか
いつものトイレ以外のところで排泄するようになったりという場合があります。
そのような行動をとるようになった時には、原因があるんだと思いますそれは、
犬に不安があったりとかストレスを抱えてしまっていたりなどと何かしらの原因なのではないかと考えてしまうのが普通です。

飼い主は、犬をほったらかしにしておくのではなくてちゃんと行動をよく見ておきましょう、
そして犬が少しでもいつもと違った行動をとったと言う場合にはどう言った原因があるのかを
気づいてあげることがそう言った事を解決していくと言う近道にもなります。
それとただたんにストレスだけではなくてそこに病気が隠れていてそれが原因というときもあるかも知れませんので、
少し気になるようでしたら動物病院に連れて行って診察してもらうと言うことなどの判断も必要になってきます。

また、あまりかまってもらえずにさびしさとか不安とかからきても色々な場所でトイレをしてしまったりとか、
家のどこでもかまわずいたるところを自由に行き来していたりすると言う犬のときには、
ここで行動できると言う部屋を限定してください、そしてトイレをちゃんと一定の場所で行っていくようにする方がいいと思います。

そして仕事や旅行などと言った家族が家を空けて留守にするという時もありますよねそんな場合には
犬がとても不安になってしまうと言う原因の一つになってしまうと思います。
犬もちゃんとわかりますので、そういう時には、出かける前に犬に「出かけてくるからね」と声をかけるとか
あるいは留守にするということを一切言わずに、
留守番用のおもちゃをちゃんと決めておいてそれを与えてあげる(こういう場合にはなるべく短時間でなく長時間かけて遊べるようなおもちゃをちゃんと与える)
などをしたりしてそう言った工夫をしてなるべく不安を与えないようにと色々な対処がとても必要になってきます。

犬にもちゃんと感情がありますのでなるべく不安やストレスを与えないようにしていきましょう

posted by しつけ丸 at 12:54 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬にトイレをしつけよう!

これから犬を飼ってみたいわと言う人も多いとは思いますが、犬を飼うとなるとただ可愛いだけでは済まされません、
ちゃんとしつけと言うのをしなければならなくなってきます。
そんなときに犬が人間の言葉をちゃんと理解できたら本当にどんなに楽だろうと思いますよね。
でもここでめげずに、犬も賢いので、ちゃんとしつけをしていき犬が自分のよきパートナーなるように頑張ってやっていきたいところです。

犬を飼い始めたらまずは最初にトイレをちゃんと教えてあげるようにしましょう。
所かまわず色々な場所でトイレをされたら凄く困りますよね。

そのトイレをしつけているときに、必ずしも一回で成功するわけではありません
失敗してしまうと言うことは、沢山いっぱいあると思いますがそのときについつい叱ってしまうと思います
でもしかし、叱る前にそれ以上に大切なことというのがちゃんとあります。
つまりそれが叱ると言うことでなく「ちゃんと褒める」ということなのです。
失敗してしまったことを叱ると言うよりも、ちゃんとできたことをここで褒めてあげたほうが
犬はよりトイレを早く覚えてくれることだろうと思います。その辺はおむつが取れそうな子供と同じようなものですよね

そしてまた、犬がトイレをしそうな雰囲気を出してそれに気がついたらすぐにトイレに連れて行くようにしましょう。
ではどういうときがトイレに行きたい雰囲気を見分けるのかなと思いますよね、
それは、犬がいつもとちょっと違うそわそわしてみたりとか、においを嗅ぐような行動をしてみたりとかをします。
そういう行動を起こした時にはちょっとでも見逃さないようにしましょう。
また犬が寝ておきたときのタイミングの場合もトイレに行きたいと言うタイミングですのでここで見逃さないようにしていきましょう。

サークルの中にトイレを置いているときには、そのサークルの中に連れて行くようにして下さい。
そしてトイレがきちんと決められた場所でちゃんとできたら排泄が終わった後にすぐにでもちゃんと褒めてあげるようにしたほうがいいです。

また、犬がトイレを万が一失敗してしまったらすぐにそこでしっかりと叱ります、
そしてすぐにでも後片付けをするようにしたほうがいいでしょう。
ここで注意するべきことがありますそれは、叱るときはいつも別な叱り方でなく叱り方はいつも同じ言葉でするようにと言うことを知ることです、
そして片付けるときには臭いを残さないように消臭剤を必ず忘れずに使用することです。
posted by しつけ丸 at 11:54 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬を幸せにするしつけ

最近は犬を飼うと言う方も多いと思いますが、まずは犬を飼い始めたら一番に考えて欲しいのが「しつけ」なのです。
ただ単に可愛いからと言って飼うのではなく子供を育てるのと同じようにきちんと「しつけ」をしてそして犬と一緒に快適でそして癒されて
楽しく暮らせたらこんなに言うことはないと思います。

ここでいう犬の「しつけ」と言うのは犬が悪いことをした時にただ単に叱って言うことを無理矢理と
聞かせるような物ではなくて、犬は賢いのでしっかりとしつけをすればわかりますので、ダメなものはダメとしっかり言い聞かせて、
それがちゃんとできたらしっかりと褒めてあげるというのもちゃんとしたしつけなのです。
このしっかりとしたやり方によって、そうしてしつければしつけるほど犬は元気に明るく、
そして飼い主との信頼関係もしっかりと深くなりますし、飼い主も犬もお互いがちゃんと幸せになっていくんだと思います。
まずは犬を飼うことで大切なことは犬が飼い主のところでストレスをためずに幸せに暮らしていけるような生活になること、
すなわちそれが犬にとっても幸せになるための「しつけ」が必要になってくるのです。

それではどう言ったしつけをすれば幸せになっていけるのだろうか?と思いますよね
ではその例を少しご紹介していきたいと思います。


・まずは犬とたくさん遊んであげることが大切なことです。
犬は一緒に遊んであげることにより人間との間のコミュニケーションの取り方を少しづつと学んでいくようです。
そしてただたんに遊ぶだけではなくここで愛情を込めて一緒に遊んであげると言うことで
犬側の方もちゃんと愛情をもらえるような上手な遊び方を自然にと身につけていくことだろうと思います。

・そして色々な経験をさせてみましょう。
犬はもし自分が経験したことがないことをさせると、自分の安全を守るために少し攻撃的になる時もありますが。
しかし、その遊びが経験があるとすれば怖い思いをしないで済むので安全に過ごすことができるようです。
そのためにも色々な経験をさせて遊んであげることも大切なことなんだと思います。

・犬の身体にたくさん触れてあげて、少しでも安全に暮らせるようにしましょう。
犬の身体に人間の手が触れると言うことはとても心地よい事なんだということを犬に認識させてあげましょうましょう。

赤ちゃんと触れ合いスキンシップが大切なように 犬にとっても遊びやスキンシップがとても大切なことなんだと思います。

posted by しつけ丸 at 10:54 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬に「ダメ」をしつける

小さな子供と一緒で犬と言うのは基本的にはいたずらがとても大好きな動物なのです。
大人になった犬よりも子犬のほうがとても結構意外ないたずらをすることがよくあります。

そんな子犬がいたずらをしたりしたらただ見てるだけで子犬だからと言ってそこで「しょうがないなぁ。とか可愛いなぁ」って
思ってしまいついついそのままにしてしまいがちだと思いますが。そうしてしまえば、
子犬の方はこれをすることは駄目ではなくいいことなんだと言うふうに判断をしてしまいます、
いたずらをする=飼い主が喜ぶことなんだと思ってしまい止めるどころかそれを更にやるようになってしまいます。

室内で飼う犬の場合には、部屋の中と言うところには電気や食べ物など人間にとっても何ともないことでも
犬にとってはとても危険なものというのがものすごくと言ってもいいほどたくさんあるということです。
少し大変かも知れませんがそういう危ないものに触ったり食べさせたりしないようにする時に必要なしつけには
「ダメ」というしつけがとても有効的になってきます。それくらいにこの「ダメ」というしつけとはとても重要なものの一つなのです。

ではこの「ダメ」のしつけを教えるときはどんな時なのかと言うと、とても大切なのはそれはまさに現行犯
でということなのです。痕跡を見つけてからそれに対して犬をしかったとしても、
犬はなんで怒ってるのだろうと言うふうに何に怒っているのかさっぱりと理解ができずに混乱してしまうようです。

そう言うことなので犬が混乱しないためには、まずは現行犯と言うことでその場をみつけたらすぐにでも「ダメ」
だと言う事を口調を少し強めにして叱るようにして下さい。

また、なんでもかんでも叱ったり褒めたりと区別つもせずに
するのではなくて、しっかりと叱ることと褒めることを上手に使い分けることもとても大切なことなのです。
いたずらをしたらしっかりと叱る!そしていたずらを止めたらしっかりと褒めるというように
きちんと上手に使い分けるようにしたほうがいいです。
このとき大切な事がちゃんとありますそれは、犬を叱るときには名前を呼ばないようにすることです。
なぜなのと思いますよね、それは、もしここで犬の名前を呼んで叱ってしまうと、
普段普通に名前で呼ばれたときにでもここで叱られていると思い込んでしまうからなのです。犬を飼うにしてもいろいろと

しつけが大変かもしれませんがここでちゃんと 叱ると褒めるを使い分けないと後で大変になるかもしれませんので
きちんとしつけをしていきましょう

posted by しつけ丸 at 09:54 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬に「こい」「ふせ」をしつける

犬を飼うにしてもいろいろとしつけがあります、その犬のしつけの中には「こい」というのがあります。
これはその文字通りに飼い主自身から離れている場所から犬を自分のところまで呼ぶと言うときのしつけと言うわけなのです。
この関連付けのしつけの一つとしての中でも「待て」と言うがあります。
これは一緒に教えるようにしていくといいでしょう。

この「来い」と言うのがとても役立つと言うのは外で散歩をさせているときとか、
運動をしているときなのです。まずは最初のうちはリードをつけた状態で犬から少し離れてみてください。
目いっぱい離れたところで犬に向かって飼い主がしゃがみこんで「来い」と言ってみます。
こうして何回もやってみて犬が飼い主のもとまで来るようになるまでしつけていきましょう。
でもしかしこのしつけは最初に「おすわり」と「まて」がきちんと出来ていなければとても難しい事なので
きちんと順序だててからしつけをしていくようにしたほうがいいと思います。

「おすわり」と「まて」が出来るようになったら次にこの「来い」をしつけます
この「来い」が出来るようになったらその次にリードを更にもっと長くしてみたりしてみます、
出来るようになったら最終的にはリードを外してみたりしてみましょう。

では次には「伏せ」というしつけがあります色々としつけがありすこし大変ですが。
犬をお座りをさせたままおやつなどを見せてみます、そしてそのおやつを地面に少しづつ近づけてください。
そうしてみれば、犬がおやつが欲しくてそれを追ってごく自然にと「伏せ」」の状態になります。
この伏せる状態になる瞬間をみつけてそこで飼い主は「伏せ」と声を出してみましょう。
もちろんのことここでうまく伏せが出来たらちゃんと褒めてあげてくださいね。

でもどうしてもここで伏せができない場合には、根気よくおやつを目の前にほれほれと言うふうに見せながら
前足を少し手に持って手前に引っ張ってあげてみましょう。
これを根気よく繰り返していくと徐々にと伏せができるようになってきますよ。

何をするにも根気が必要になってくるんですね、ご褒美をあげることによって伏せが出来るようになったら
ご褒美を挙げなくても、手と声だけを使って出来るようになるまで頑張ってみてください。
もちろんここでちゃんと伏せが出来たらしっかりと褒めてあげることも忘れないでくださいね。

犬も子供と一緒にいい事をしたときには褒めてあげるのが一番なんです

posted by しつけ丸 at 08:54 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬のしつけとは

犬を飼っていくなかでも可愛がるのも大切ですがその前にまずはしつけが必要となってきます
例えば犬のしつけと聞いたら「お手」とか「お座り」などと言った基本的なものがありますが
それをを教えるのがしつけだと言う行為なんだと思う方も中には多くいるのかもしれませんよね、でもそれだけではないのです。

犬のしつけをしていくと言うのは人間と犬が心地よく楽しく仲良く一緒に暮らしていくと言うための
方法を犬にしっかりと教えていくと言うことではないのではないかとそう思います。

まずは、始めに行うのは犬に禁止事項と言うのをしっかりと教えていきましょう。
それでは禁止事項とはどんなことかと言うとまずはトイレを決まった場所以外ではしないこと、
無駄吠えをしないこと、などといろいろとありますそしてまた、犬のおもちゃも遊んでいいものと悪いものの区別しっかりとを教えていくこともしつけの一つに含まれてきます。

犬をしつけるにもいろいろとあって少し大変かも知れませんが、
犬のしつけをしていくことににあたって、まずは覚えておいてほしい事があります、
それは犬をしつけをしていくと言うことで、その言うことを聞いてくれればさえいいと言う考え方をするのではなくて、
大事なのは飼い主側の方も犬が飼い主のしつけをちゃんと聞いてくれるような人になると言うことも言えます

少し難しいのかもしれませんが、それでは犬のしつけをするのはいったいなぜ必要なのだろうと思いますよね
例えばなんですが散歩の途中に意味もなくむやみに知らない人に向かって吠えかかったりとかする時もあると思います
吠えられたそんな経験はありませんか?そして知らない人に急に襲いかかってしまったりとか、
何でもむやみに変なものを拾い食いしたりなどをする可能性もありますそう言ういろいろなことをしないように、
そしてまた犬と飼い主が一緒に暮らしていく中でも快適な生活をおくらせるためにもしつけが必要となるわけです。

もし犬がきちんと飼い主にしっかりとしたしつけをされているとしたなら、
いつでもどんな状況のときでも飼い主の言うことをちゃんと聞き、そして回りにも迷惑がかからないようにできるということです。

犬のしつけを通して言えることがありますそれは、飼い主や犬の安全面などや、周りの人々の安全面もしっかりと守ると言うことがしっかりとできると言うことです。

そう言ったことを考えると犬のしつけはとても必要となるわけなのです
そしてまた教える側の飼い主の方もきちんとしつけの義務などを果たしているとか、
犬に最低限のマナーを身に付けておくようにとしっかりとした心構えをしっかりしておく必要がでてくるのです。

人間でも暮らしていく中である程度のマナーは必要ですよねそれと同じように犬にも焦らずに根気よマナーを身につけていくのも
外で散歩するにも家で快適な暮らしをしていくにはとても必要となっていくわけです。

posted by しつけ丸 at 07:54 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬に「おすわり」「無駄吠え」をしつける

犬を飼うにしてもただ可愛いだけではすまされません、いろいろとしつけと言うのがしっかりとありますその中の一つで
犬のおすわりのしつけと言うがあります、まずはおすわりをさせるときには、
普段いつもしていると言うポーズの一つであると言うオスワリのポーズのなかでもに
「おすわり」という言葉を使ってその号令と言うのを結びつけて行くようにしてそう言うふうにしてしつけていきます。
そのおすわりがしっかりと上手にきたときにはここで犬を褒めてあげると言う事がもちろん大切なことです。
最初のうちはそこでたとえ褒めてあげたとしても、犬のほうはいったいこれは何に対して褒められているのだろうか
とわからないのでいるのではないかと思いますが、しかし一回でなく何度もこの行動を繰り返していくうちに、
犬もちゃんとポーズと「おすわり」という号令がしっかりと結びついてくるのではないかと思います。

おすわりさせるのも大切ですよね、犬に教えておきたいしつけの一つのうちなのがこのおすわりというものなのです。
それと同様にも「マテ」というのもありますこのマテと言うのもしつけのうちの大切なうちの一つなのです。
たとえばなんですが犬がここで興奮状態であるときにでも「マテ」や「おすわり」がちゃんとできれば、
道行く人とそこですれ違ったときでも犬はちゃんと安心してまっていることができることだろうと思います。
犬を飼うにするにでもこれは最低限のマナーなのであるんだと思うことなので、
必ずしもこの行動をしつけて行くようにとしておきましょう。

次に大切なしつけなのですが、それは犬の無駄吠えに関することです、犬はよく吠えると言うことがよくありますが
この無駄吠えとは周囲にとってもとても迷惑な行為でもありますので絶対と言ってもいいほどに
止めさせたいと言う行為ではありますよね。でもしかし、吠える時にはただ甘えてきたりとか構ってほしい時だけではなくて
もしかして体調が悪くてそれで無駄吠えをすると言うこともありますので、
無駄吠えを絶対にさせないというようなしつけをするのではなくて
吠えると言うことをちゃんとコントロールできるようになるようにとしつけていくというような感じにしていけばいいかと思います。

少し大変かもしれませんが、コントロールというのは、もしかして体調が悪いからそれで吠えているのか、
それとも甘えたくて吠えているのか、どちらかの理由をしっかりと見極めて叱ったりすることなのです。
しかしただたんに叱るということもよいのですがそれよりはここで無視をするといったしつけの仕方のほうが叱るだけよりも効果的なのかもしれません。

posted by しつけ丸 at 00:54 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬をきちんとしつけましょう

まずは、【甘噛み】です
犬はいろんな所を噛んでしまいます。そこで甘噛みだから全然痛くないからこのぐらいは平気だと思ってしまいたとえそこで
噛んだとしても何もしつけをしないでしまえば、噛み癖がついてしまったと言う犬になってしまいます。そうなってしまってからではちょっと遅いです
このまま放置をしたままにしておくと犬が成長したときには自分の順位付けをしようと思ってしまい
その順番付けを噛むという行為に走ってしまうと言う場合になってしまいますので、
犬の甘噛みはさせないように絶対と言ってもいいほどにちゃんとここでしつけをしておいた方がいいです。

それならいったいどうやってしつけをすればいいのかですよね、
子犬にしても成長した犬にしても同様のことが言えるのですが少しでも噛むと言うたびに「ダメ!」
と一言を言ってしっかりと叱って下さい。
そして叱るのと同じくにして犬にとってもとても嫌なことであると言う息を耳に吹きかけたりとか
嫌な音を立てたりとかをして、噛むのを止めさせるようにして下さい。
ここで少し注意しなければならない事がありますそれはと言うとここで犬を驚かせてしまってはいけないと言うことなのです。
もしここで驚かせてしまうと噛むのを止めるところかついつい本気で噛んでしまうと言う場合が
あると言うことなのでここはしっかりと注意してしつけをして下さい。

次は【トイレ】です
犬のしつけで重要なのはトイレのしつけです子犬の方がトイレをしつけるときの方がしつけしやすいのではありますが、
例え成長した犬であってもちゃんととしつけることができますのでここで諦めてはいけません。

トイレをしつけて行く上でも注意しなければならない事がありますそれは、
たとえトイレを失敗したからとは言っても怒りたい気持ちはわかりますがここで決して叱ったりしてはいけないということです。
もしここで「ダメ」とかと言って少しきつく叱ってしまうと犬はここでトイレをすること自体がダメなことなんだと言うように勘違いをしてしまうので気お付けて下さい、
その結果で我慢させてしまったりとか最悪の場合には膀胱炎になってしまったりすることもあるので
決してここで叱ってはいけないのです。

犬にトイレのしつけをするのにあたって、一番簡単な方法もありますそれは犬がトイレをすると言う場所のそこを
トイレとして設置してあげると言うことなのですが、しかし場所的に考えてもそれは少し難しいと言う場合があるかと思います。
そう言うことですからちゃんと決まった場所でトイレができるようにしてあげましょう
決して焦らずに諦めずに根気よく犬にトイレの場所をちゃんと教えてあげるようにしていきましょう

犬を飼うにしてもしつけはつきものですただ可愛いからと言うだけで何もしないと後が大変ですのでしっかりと褒めると叱るを使い分けてちゃんとしつけをしていきましょう

posted by しつけ丸 at 23:54 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬にトイレをしつける方法

犬を飼う時にしつけというものが必要になってきますがその中でもトイレのしつけが必要になってきます
子犬のうちにトイレをしつけるのはどちらかと言えば比較的簡単なのですが、
成犬とかやトイレのしつけがもうすでに備わっていると言う犬に対してのトイレのしつけをしていくと言う
場合には子犬よりもここでちょっと根気がいる作業になると思いますでも失敗を恐れずにやっていきましょう。

ではそれならいったいどうやったらしつけしなおせばいいのだろうかと思いますよね、ではその話しをしていくとしましょう

例えばその例をあげていきますとちょっと大変かも知れませんが部屋の中のありとあらゆるところに
少し香りが強めなペットシーツを敷いていきます。

ここで時間をかけてペットシーツの位置を徐々に少しづつ一ヶ所に集めていきましょう。
この方法を使っていくとある程度は簡単にトイレの場所をしつけなおすと言うことが可能になってきます。

また部屋のところかまわずいろんな場所でトイレをしてしまうと言う場合もあるかと思いますが、
そう言う場合には部屋の全部にペットシーツを敷いておきましょう、
その時には飼い主が犬にトイレとしたい場所にトイレをちゃんとしたらしっかりと褒めてあげるようにしたらいいでしょう。
少し根気がいる作業かもしれませんが、これを何回か繰り返しているうちに褒めてくれる場所でしかトイレをしなくなってくるのではないかと思います。
一度覚えてしまっていると言うトイレのしつけ直しはとても大変だと思いますし失敗もあるとは思いますが
ここで根をあげずに諦めないで根気よく頑張ってやっていってく事をおすすめします。

もし犬にトイレのサインがでたら見逃さないで決まったトイレに犬を連れていってあげましょう。
これを何回か繰り返してやっていれば犬もちゃんとトイレを覚えてくれるはずだと思います。

またサインをだしたりとかそろそろトイレかなと思い犬をトイレに連れていったとしてもそこで必ずしも排泄すると言うわけではないようです。
そういう場合はいくら排泄しないからと言っていつまでもトイレには置いておかずにそこから出してあげるようにしたほうがいいでしょう。
決して排泄しないからとここで無理強いをしてトイレをするまでと縛り付けるようなことはしない方がいいでしょう
もしそんなことをしてしまったらその結果でトイレが嫌いになってしまいます、
そしてそこでトイレをしなくなってしまい最悪の場合別の他の場所で排泄してしまうようになってしまいますので
そんなことになってしまえば余計しつけしなおすのがとても困難になってしまいます

しつけしなおしの重要なポイントの一つとして上記のようなことがトイレのしつけの失敗しないためだと思います

そのへんを踏まえて根気よく焦らずにやってみてください。

posted by しつけ丸 at 22:54 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子犬の頃のしつけ

みなさんの中でもこれから犬を飼いたいなと思ってる人もおおいのではないかと思いますが
まずはここで子犬に関するしっかりとしたしつけの方法がいろいろとありますのでそれを
少しご紹介していきたいと思います。

まずはポイントの一つとして子犬をしつけるときにはそこの環境に慣れさせることも必要です。
子犬と言うのは人間の子供と同じ様に順応性がとても高いものです。
そう言うことですから初めのうちには多少戸惑う事が多いかもしれませんがかここは大丈夫です
そばに人間がいるんだと言う環境にここは慣れると言うことができるはずだと思います。
犬は人間に飼われる以上は、周囲に人間がいつもいると言う生活になりますので、
これはと言うと絶対条件でありますそして周囲の環境にもしっかりと慣れさせると言う必要が出てきます。

そしてまた、子犬のうちにワクチンがちゃんと終わっていないと外に散歩などはできませので、
ワクチンがまだという場合なら飼い主が犬を抱っこなどするようにして外に連れ出して、
まずは車の音を聞かせてみたりとか家の周りの音を聞かせてみたりするなをどして、
人間の子供と同じように家の中ばかりでなく家以外の外の世界を子犬にも見せてあげると言うことも
大切なひとつなのです。こう言うふうにして子犬に人間社会と言うものを少しづつ慣れさせていくようにしたほうがいいと思います。

犬を飼うににもしつけはとても大切なのですそのしつけをするのにも一番いい時期
というのもちゃんとありますその時期とは子犬のときが一番いいのではないかと思います。
なぜ子犬のときが一番いいのかなと言うと、人間の子供は小さいうちのほうが頭もとても柔らかくて
何でもすぐに吸収していきますますよね。それと同じように犬もそうなんです
そうですから、生後大体3週目〜12週目くらいの時期のうちにしつけと言うのを行うことが
最も覚えてくれる次期なんではないのかと思います。

そしてまた、このしっかりとしたしつけをちゃんと覚えやすい時期(=社会化期)とは、
他の事を覚える時期でもありますその時期とは自分と他のものを区別してくると言うことでもあります。
しつけというものはそういう時期にすることによって、そのことが当たり前の話しのことなんだと言うことを
子犬にちゃんと認識させると言うことが可能となってきます。しつけにもちゃんと時期と言うのがあります
そうすることにより、よりよい社会性を持ちますそしてリーダーの言うことをちゃんと聞くような
犬に育てていくことが可能となってきます。

何事もちゃんとしたしつけなどが必要となってくるのでここは焦らず根気よくしつけを頑張っていきましょう

posted by しつけ丸 at 21:39 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トイレのしつけ

犬を飼うにしてもいろいろなしつけが必要となってきますが、たとえばトイレのしつけがありますが、犬がもしトイレを失敗してしまったら
その時はあなたならいったいそこでどうすればいいのでしょうか?
犬にトイレをしつけようとしてもはじめはそう簡単に一回でうまくいくのはまれな話しだと思います
必ずといってもいいほどの付きものが失敗だと思います。
いくらトイレを教えたとしても決まったトイレ以外のところでトイレをしてしまったりすると言う話しはよくあることだと思います。
そんな失敗をしたときあなたはついつい犬を怒っているのではないでしょうか?確かに怒りたくもなりますよね
でも怒りたい気持ちはよくわかりますがしかしここでトイレのしつけの時には犬を叱っては絶対にしてはいけないのです。
人間の子供がおむつをとるときにも叱ってはいけないとよく言いますよね
もしここでトイレを失敗したからと言ってにここで怒ってしまうと、犬の場合にはその場所でトイレをすることが悪いことだというふうには認識はしません、
自分でなくそのトイレ自体が悪いことなんだと言うふうに認識してしまうと言う可能性があるようです。
もしそうなってしまうととても困ったことになってしまいますよね。

もしトイレを失敗したときには怒らずに黙ってすぐにそこを掃除するようにしてください。
ここで気をつけなければならない事がありますそれはその掃除するときには必ず消臭剤を使うなどをして
そのにおいをすぐにとるようにしてください。

そして、犬のトイレの失敗の場合は少々仕方ありませんが、もしここできちんとトイレができるようになったら
ちゃんとそれを褒めてあげるようにした方がいいです。そこで褒め方なんですがただ褒めるとか、
お菓子をあげるとか、一緒に遊んであげるなどなど色々な褒め方がありますが、
しかしお菓子でもいいのですがお菓子をあげると言うことだと一日に何回も与えてしまうと言う結果
になってしまうのでなるべくならこれは避けるようにして、ここは褒めてあげたりとか一緒に遊んであげたりとかをするほうがいいのかもしれないと思います。

このようにきちんと出来たらそこで褒めてあげると言うことを何回か繰り返していくと言うことで、
犬はこの場所でやんとトイレをすれば凄くいいことが起きるんだという認識を犬にしっかりと与えてあげることができるんです。

犬のしつけもいろいろありますがその中でもとても重要なしつけがトイレのしつけなのです。
ちゃんとわかりやすくしてあげて、なおかつ根をあげずに根気強くしっかりとしつけていくようにして
そこで褒めてあげるということもしっかりと上手に取り入れていき間違いのないしつけをしていくようにしましょう。

posted by しつけ丸 at 20:49 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅行・散歩の時のしつけ

犬を飼っていたら旅行に行くときでも家においていくのではなくて、犬も一緒に連れて行きたいと思う人も多いかと思います。
今ではペットもOKと言うホテルなども結構増えてきてますし
そこで犬を旅行に一緒に連れて行くためにも何か特別なことが必要なのではないかと思う場合があるとは思いますが、
犬も連れて一緒に行く旅行には何か特別なしつけというのは必要ないのです。
がしかし、犬と言うのは少し厄介なものでとても興奮しやすいと言う動物でありますので初めて乗る乗り物などや
泊まる場所などに行くと今までしつけがちゃんとできていたものがついつい興奮してしまいいつもやってることが出来なくなってしまうという
事態になることがあります。そのへんはちいさな子供と多少似てますよね

旅行に行ったら、初めて見ると言う人々がたくさんいますよね。
そのときに人にの迷惑をかけないためにも、そこの人たちのテーブルに手をかけないように注意をしなければなりません。
そして、キャリーバッグに入れた時の状態であっても犬が吠えないでおとなしく出来るかどうかとか、
人間にの乗り物酔いがあるように犬にも乗り物酔いが結構強くありますのでそういったさまざまな
障害があると言うことが考えられます。

そこで、旅行にも犬を一緒に連れて行こうと言うふうにお考えの方もいるとは思いますが、
その前にいろいろなことをしっかりと調べてから犬も一緒に連れて行ける状態なのかかどうなのかを
よく見極めてから連れて行くようにしたほうがいいと思います。

そして次に必要となってくるのは、旅行よりはとても簡単なのが犬の散歩についてのしつけなのですが、
ここで注意することがありますそれは犬と散歩をするときに思うのが、「安全」ということなのです。

犬の散歩での基本として必要なこともちゃんとあります、それは「まて」と「おすわり」それと「リーダー(人間)より先に歩かない」
ということなどです。このしつけが必要となるのは犬は道路に急に飛び出してしまうと言うことがあります
そう言うことを静止するためだったりとか、飼い主の方が知り合いに道端であったりして少しおしゃべりを
するときとかもありますよねそんなときとかに犬も待機させたりしなければなりませんそんなときにも必要な行為なのです。
またこれをすることによってよりいっそう、飼い主との主従関係がしっかりと深まるようにと、
そして犬にリーダーシップを取らせないようにとするためのことなどでもあります。

こういうことなどをいろいろと考えてみてもわかるように、
普段から散歩をするときでもしっかりと「しつけ」というのが大切な話しになってきます

犬を飼って一緒に散歩するにもしっかりとしつけをしていきましょう

posted by しつけ丸 at 20:39 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬をしつける時期について

犬を飼うにしてもしつけが必ずと言ってもいいほど必要となってきます、では犬のしつけというのはいったいいつ頃から始めるのがいいのだろうかと思いますよね
犬を飼うに当たって大事なしつけがあります その話しをしていきましょう
まずは年の取り方なんですがそれは犬と人間と言うのは全く違ってきます。そしてまたどこから見てもわかるように犬の行動も本能も全然違ってきます。
たいていの皆さんもわかるように犬と言うのは人間よりも成長と言うのがとても早いようです。
その計算をしてみましょう、それはと言うと子犬の時期だと大体1ヶ月位で1歳という計算で成長していくようです。
実に早い成長です、ですからそう計算していけば大体半年で6歳になるということになってくると思います。
顔つきも人間の子供と同じように赤ちゃんの顔つきから少しづつ子供の顔つきに変わってくると思います。

このようにして、生後たったの何ヶ月かで人間で言う小学校入学のレベルまで成長すると言うわけなのでそうであれば、
本当に生まれてからすぐにでもトイレのしつけなどを始めておいたほうがいいのではないかと思います。
ここでちょっとよく考えて見てください。例えば人間の子供にもちゃんとトイレのしつけを教えなければなりませんよね
ではいったいトイレを教えるのっていったい何歳くらいでしょうか?人間の子供のときでは6歳からではちょっとそれじゃ遅すぎますよね。
では4歳ぐらいではどうなんでしょうか?これでもちょっと考えてみても遅いのではないかと思いますよね。
人間の子供ならトイレを教えるには、だいたい始めるのが1歳〜2歳位からしてみてもよいかと思いますので、
これを犬で言うと大体生後1ヶ月〜2ヶ月頃からトイレのしつけを始めてみるのがいいのかもしれません。

例えば犬の「咬む」という行為なのですが、そのしつけはある程度少し大きくなってからでもいいかと思います。
もし生後2ヶ月頃に焦って咬むなどというしつけをしたとします、
そうしたとしても力加減をちゃんと加減できるわけでもないですし、
それにあまり理解もできているとは思えないと思います。
人間で例えて言うと大体2歳位の幼児が母親に何を言われてもあまりよく理解できないのと一緒だということです。

そこで犬のしつけに関しては、精神面や年齢面などをしっかりとよく考慮をしてから、しつけの仕方やしつけの内容などを少しづつ変えていくのがいいと思います。

飼い主と犬がいつまでも長くよりよい共同生活を一緒に送るためにも、
ちゃんとしたしつけは是非とも行うようにしることをおすすめしたいと思います。

posted by しつけ丸 at 19:49 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬に留守番をしつける

犬を飼っていても飼い主は犬をおいて留守にしなければならない時は必ずありますよね
その為にも犬を飼うときにはちゃんと留守番ができるようにとしておくと言うしつけをする必要が出てきます。
まずは留守番をさせるにはケージの中でちゃんとそこでおとなしくしていられるかどうかと言うのが鍵となってきます。
そしておとなしく留守番をしてもらうためには、そのケージの中にいるのが犬にとってもとても居心地がいいと言う場所にしておかなければならないと言う必要が出てきます。
おとなしく留守番してくれれば飼う側としても助かりますよね、
ではどうすれば犬にとって居心地がよい場所になるのだろうかと思いますよね
ケージの中で食事をしたりとか、犬の好きで気に入ってるおもちゃを入れておいたりとか、
もしくは毛布を入れて置いたりするのがとてもいいかのかもしれません。

まずは犬にお留守番のしつけをしますそのときには、
ちゃんと留守番をしていれば時間が来れば家に人が帰ってくるのだということをしっかりと教えてあげると言うのが一番いいとのではないかと思います。
そのためには、いっきに長い時間留守番をさせるのではなくて徐々に徐々に少しづつと留守番をさせる
時間を長くしていきます、そして帰ってきたらここでたくさん褒めてあげて下さい「いい子で留守番してたね」といっぱい言葉をかけてあげましょう。

留守番をさせるときに大切なことがあります、それは出かけるときにはいつも変った出かけ方をするのではなくいつもと同じようにと出て行くことも大切です。
もしここでいつもと違った行動をとってしまうと、犬は逆にとても不安になったりしてします可能性がありますので
必ず出かける時にはいつもと同じようにして外出をするようにしましょう。

そして、犬に声をかける時には「ダメ」というしつけをするときにはいつもと同じような声のトーンでしましょう、
そうやって同じ言葉で言うようにしたほうがいいと思います。
その時その時に違う言葉をつかったりとか声のトーンを変えたりとかで言ってしまっては
犬の方は混乱してしまい飼い主の言うことを聞かなくなります。少々大変かもと思う方もいるとは思いますが大事なことなのでそうして下さいね
またしつけでダメということを教えるときには、決してここで体罰などは与えないと言うことです。
そしてここで大切なことはダメということがちゃんとうまくできたらここできちんと褒めてあげることです。

しつけの中ではダメという事は、トイレの失敗のときと同じようにダメといってはいけない行動もしっかりとありますので、
その時その時の状況に応じていきダメのしつけをしっかりとしていくようにしましょう。

犬を飼うにしても可愛いだけではすまされませんしっかりと根気よくしつけをしていきましょう

posted by しつけ丸 at 19:39 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬のしつけはふれあいから

これから犬を飼うと言う人も多いとは思いますそして犬を飼うとなると、色々することがありますまずは身体を洗ってあげたりとか、
耳や爪の掃除をしてあげたりなどと言った犬を触る機会が、目に見えて格段と増えてくるのではないかと思います。
そのときにその行為を犬が嫌がる時もあるとは思いますが、ここは諦めずに少しづつやっていくことをおすすめします
まずは、犬がそこで嫌がらないようにそして失敗をしないようにするためにも触ってもスムーズにお手入れが出来るようにすることが
ここでしっかりとしつけをしておくことが大切なことです。犬を飼うにもしっかりとしつけが大事なんですね

犬とは主従関係というものをとても大切にしているようです。
飼い主より犬のほうが、その関係性を自分より上というように犬が判断をしてしまう事がありますそうなると
体を触られると言うことを拒否してしまうと言う可能性が出てきます。そうなれば少し厄介になってしまいますので
ではこれを回避するためには何をどうすればいいのかと思いますよねそれはと言いますと
犬が大人になってしまう前に子犬のうちからいくら触っても大丈夫なんだと言うようにと
しっかりとしつけをしておくと言う必要が出てきます。何事もまずはしつけが大事だということなんです

まずは、最初に頭や胸を少しづつ触ることから始めてみてはいいのではないかと思います
犬にとっても頭や胸は触られたらそれはとても気持ちがよい部分なのであります。
まずは優しく愛情をこめて触れてみてください
そうやって気持ちがよい部分から触り始めてみてみると、大切なことは犬が飼い主に触られることに慣れるようにすると言うことなのです。

それに慣れてきたらその次には犬の耳を少し触ってみてください。
耳はお手入れをちゃんとしなくてはいけない場所の一つなのです。
最初からいきなり耳に障るのではなくて、顔からそして頭から徐々に耳に近づけていくようにしましょう
そして最終的にここで耳に障るようにしていくようにとしていきましょう。

それがすんだら、次にする事は爪のお手入れをちゃんとするためにも犬の手足に触らなければならないと言うことです。
嫌がるのを無理やりするよりも、犬が寝ている状態のときのすきに1本1本優しく触っていきます、
そこで慣れてきたころに爪を切るなどをしてそしてお手入れをはじめるようにしましょう。

犬が寝ている状態を仰向けにさせてからおなかをそっと触ってあげるようにしてみたらいいでしょう。
おなかを飼い主に見せると言うことで、犬は飼い主のほうが上なのだと主従関係をちゃんとはっきりと示すという
意味も持っていますので。

そして最後には歯のお手入れとかや薬などを飲ませる場合などのときのために、
歯を優しく触るようにしてみましょう。そしてちょっとずつ唇を開いてみて少しずつと歯茎を触っていくようにして下さい。

こうして少しづつ犬に触れて優しく体のお手入れをしてみてください、そうしていくうちに犬の方もそうされるのが慣れてくると思います

posted by しつけ丸 at 18:49 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬に「まて」「ふせ」をしつける

犬を飼うにしても可愛いから飼うという気持ちもわかりますが、でも犬にもちゃんとしつけをしなければなりません
そのしつけをするときににも必ず教えておきたいしつけの一つのなかに「まて」と言うのがあります。
この「まて」と言うのはいつどういうときに使えば有効的なのかといいますと、
犬は外で散歩させますよねその散歩の最中に突然と道路に飛び出していってしまったと言う行動を起こすときがありますその場合にそれを制止するときに使ったりとか、
それに知らない人に向かって急に走り出スと言う場合もありますそんな時などに「まて」を使ったりといった
このように犬は思いもよらない急に危険な行動をする場合がありますその行動にに対して
これを抑制をするためにもとても有効的であると言うのがしつけなのです。

よく見ると言うこの「まて」のしつけの仕方もいろいろとありますが
その一つの中でも餌を目の前に出していると言う状態ですぐに食べさせるのではなくて
そこで餌を前に食べることを抑止していると言うやり方がありますが、
しかしこれは犬にとってはいったいこれは何をしつけられているのだろうかとか理解ができずにいて、
ただ餌を目の前に出されているのにこれは食べてはいけないのだとと言う意地悪でもされているというのではないかと言う
認識を持ってしまうと言う可能性がでてきますので、この方法は止めておいたほうがいいとか思います。

犬をしつけといってもいろいろ大変ですが、そのしつけをているときに、
きちんとできたと言う時の場合に餌をご褒美としてあげると言うことなどをしてみて
犬が「こういう事をすればちゃんとご褒美がもらえる」だなというようによい認識をさせるようにとしていきましょう

次にあげるしつけと言うのはのが「ふせ」ということです。
「ふせ」の場合には絶対に必要だと言うしつけという訳ではないのですが、
散歩の時などと外に出ているときに、犬がこの人は怖いと感じていると言う人とすれ違う場合があると思います。
そのときに「ふせ」を覚えさせておくと、もしもすれ違う人に対しても安心感を与えてあげると言うことができます。
また「ふせ」のポーズにちゃんと意味を持たせてあげるようにしてそして犬に教えるほうがよりいっそう簡単にしつけをすると言うことができます。

「ふせ」は「おすわり」と同じような意味を持つと言う感じですのでどちらか片方ができればいいのではないかとは思うのですが、
なるべくできることならば「ふせ」と「おすわり」の両方ができるようにとしつけておいたほうがいいのではないかと思います。

posted by しつけ丸 at 18:40 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の散歩でのしつけ

犬が好きでこれから飼いたいなと言う方もいるとは思いますが犬を飼ったらまずは家で飼うのはもちろんなのですが、
そして散歩も必要となってきます、もちろん外に散歩に連れてあるきたくなったりもすると思いますが。
犬の散歩が可能な時期は大体生後4ヶ月ごろからです。
外というのは色々なことがありますもちろん危険も多いと思いますし、
ワクチンをちゃんと受けていない犬を外で散歩すると抵抗力がほとんどないためにそこで病気になってしまうと言う可能性も出てきます。
ここでしっかりとワクチンを受けてからその後に散歩させると言うことがとても大切なのです。

ここでなぜ危険なのかと思いますよね、それは何故なのかと言うと、
外にはほかの動物などが排泄したと言う糞や尿などが落ちている場合がありますが、
それをちょっと目を離したすきになどについつい犬が舐めてしまうと言うことがあります
そのせいで万が一病気になってしまうと言う危険性が出てきます。

犬のしつけはまだまだあります次にしつけで犬を散歩させる前にしておかなければならないことがあります。
それは首輪やリードなのです。まず外に出る前に家の中で試しに首輪やリードをしてみて下さい
そして首輪やリードに慣れさせると言う必要があります。中には首輪をしたら犬は慣れていない事はとても嫌がることがあります。
首輪やリードをつけると言うそれが外に出る時に初めてつけるというならとても嫌がってしまい
思わず道路に飛び出してしまうと言う行為などをすると言う可能性もでいてきますので、
そんなことになってからでは遅いのでそうならないようにするためにも焦らず徐々に徐々に
首輪やリードに慣れていくと言うようにしたほうがいいでしょう。

まずは首輪のつけ方なのですが最初は、犬は首輪を嫌がるのではないかと思いますので、
ここでおもちゃなどを使ってそれで別に興味を引かせておいてそのすきを見てそのうちにつけるなどと言った
少し色々と工夫をしていくと結構スムーズにいくのではないかと思います。

そうやって首輪をつけたらまずは家の中で、そして庭があれば庭などで首輪をつけていると言うことにしっかりと慣れてもらうようにしましょう
多少は根気がいるかもしれませんがこれも犬と一緒に外で散歩をするためですので頑張りましょう、
そうして首輪になれたらその後にリードをつけてみて下さい、これもまずは外に出る前に家の中や、庭などでリードに慣れさせていくようにしていきます。
そうやって首輪やリードになれて来たらさていよいよ外に散歩をするということになります。

こうやって段階を踏まえていきましょう しかし何事も最初からうまく行くとは限りません。
だからと言ってそこでイライラする気持もわかりますがここは我慢ですイライラとせずに
根気強くとちゃんと慣れさせていくようにしましょう。そうすればそのうちにきっとスムーズに犬と散歩ができるようになるはずです
posted by しつけ丸 at 11:39 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬に拾い食いをさせない

犬を飼う時には必要とされてくるのが散歩だとは思いますが、犬を散歩させているときにふっと見たらたまにいつの間にか犬が何かを食べていると感じると言うことはないでしょうか?
犬というのは好奇心がとても旺盛なので外でちょっと落ちているものなんかを見つけたリしたらついついと口に入れてしまうと言う可能性がでてきます。

よく靴を加えてきたとか何かを見つけて加えてきたとか言う話も聞きますよね
何も危険がないものだとか迷惑をかけるようなものでは何のならまずはいいのですが
万が一ほかの犬の糞などや尿などと言ったものを口に含んだりしてしまいそのせいで間違って病気をもらってしまうと言う可能性も出てきます。
そうなってからでは遅いので、そういう危険性があるものなどを口に入れないようにと、
きちんと何でも拾い食いをしてしまわないためのしつけをきちんとしておくと言う必要がでてきます。

まずは、散歩中で何か食べそうなと言う物が落ちていると言う場所はなるべく避けて通るようにした方がいいと思います。
そしてまたもしそこで拾い食いをしそうになるところを発見したらリードをぐいっと引っ張ったりして「ダメ!」
と強い口調で叱ったりなどをすることをおすすめしますそうしたりしてきちんとしつけるようにしたほうがいいと思います。
ここで少し注意をしなくてはならない事がありますそれは叱るときには何度も叱るのではなくて1度だけだということです。
同じことで何回も何回もしかるようなことはしないようにした方がいいでしょう。

もしそれでもダメな場合もあると思いますそんなときにはここで一度拾い食いをさせて見てはいかがでしょう。
そうとは言ったとしても外にあるものはどんなものかわかりませんそのため大変危険ですので、
例えば家からタバスコなどを使って犬がちょっと嫌がるものを塗ってみた食べ物を持ってきておき
外に置いてみてそれを犬に拾い食いをさせてみてください。
そしてそのときには置く食べ物を使う時には家では普段出さないものにしてください。
もしそれが見慣れていると言う食べ物ならば犬も安心して食べてしまうと言う可能性が出てきますので。

家から持ってきたものをそっと犬が見ていないところで自然に置いてみましょう、
それを食べさせてみましょう。そしてそこで犬がそれを凄く嫌がって口から出してしまえばこれでしめたものだと思います。
一回するのではなくこれと同じことを何回か繰り返して見て下さい、
そうしてるうちに犬が外で何か拾って食べたらとても嫌な事が起きるんだと言うふうに認識させるようにしていきましょう。

犬を飼うにしても何をするにも何事も根気というものが大切なのです。
犬も大事な家族のうちのひとつなのですので、危険な目に合わないようと
ここで少しがんばってみてしっかりとしつけをするようしていきましょう。

犬を守るのもしつけるのも飼い主さんがしっかりとやっていかなければなりませんので犬にとって危険は
避けてあげなければなりませんので

posted by しつけ丸 at 10:39 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

噛み癖をつけない犬に育てよう!

犬を飼っていると言う人も多いとは思いますがその中でも困ったということも出てくると思いますその中の一つに
「噛む」という行為があると思いますが。実に色々なケースや理由があるといわれている噛むと言う行為なのではありますが
しかし、大切なことはしっかりとここでしつけをすると言うことで噛み癖せを無くすと言うだと思います。

犬が噛むと言う行為をすると言うことは少し意味はありますが、それはどんどんと成長していくにと言うことでとても必要なことでもあります、
人間の赤ちゃんが歯が生える前によく物を噛んだりしますがそれと似たような感じで子犬としての本能的のうちに行っていると言うごく自然な行為だとは思います。
噛むという行為の中でも家具を噛んだりとか、誰かの手を噛んだりするとかなどという事なのです。

この噛むという行為の中では少し甘噛みであると言うのならそんなに大きな問題はないのではなかとは思うのですが、
噛んでいると言う行為から見ても一体それが甘噛みなのであるのかとか、
もしかして本気で噛んでいるのかなとかという判断についてはなかなかつかないのではないかと思います。
そしてましてやこちらは人間であり犬ではありませんので犬本人の気持ちは全くわからないのが普通ですよね。
それと、もし噛み方が甘噛みであるにしてもそれが本気であるにしても、犬と一緒に暮らしていくと言うのであれば
その噛み癖を止めさせなければなりません、お客様が遊びに来た時に噛んでしまったりとか
そして家具や靴などと言った色々なところを噛んでしまいますので、
犬がどんどんと成長するにしたがってそれが破壊行動へとつながってしまうと言う可能性が出て来るようです。

そう言うことなので、噛むという行動を起こすと言うそのもの事態を子犬のうちから止めさせると言うような
しっかりとしたしつけをしておいたほうがいいのではないかと思います。
その為には、犬用のおもちゃとかガムなどが今ではいろいろな種類がありますので
それを与えたりしますそして犬が噛んでいいものはこれだけなんだよというようにとしっかりと認識させると言うのがいいと思います。

そしてまた、それもいつでも与えると言うのではなくて遊びの時間をちゃんと決めいてその時に与えるなど
そうやってきちんと決めてから与えてあげるようにしていく方がいいと思います。少し大変かも知れませんが犬の為にも自分たちの為にも必要なしつけでありますので
そうやっているうちにちゃんとコントロールすることでるようになりしっかりと主従関係ができるようになることだろうと思います。

犬を飼うにしても色々な事がありますが何事もしつけると言うことが大切になってきますここのところはしっかりとやっていきましょう

posted by しつけ丸 at 09:39 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無駄吠えを無くすには?

犬を飼ってると言う人も中では多いとは思いますが、犬は意味もなく無駄吠えをすると言う場合よくあるとは思いますそう言う経験してる人も少なくはないと思います
いろいろなしつけのある一のなかでもこの無駄吠えをしないようにとしっかりとしつけをすることもとても大切なしつけの一つなのです。
ではそれはいつからしつければいいのかと思いますよねそのしつけを始めるには。
それには一番いいのはと言うと子犬を飼い始めたと言うその日からがではないかと思います。

子犬の時期のうちに飼い始めると子犬と親兄弟を離してしまうことになります。ですから離れたばかりでとてもさびしい思いをしている時期だということです。
そうなれば飼い主側のほうもついついそれが可哀想だなとおもってしまいそこで思わず甘やかしてしまうような
結果になることだろうと思います。

夜中にケージの中で悲しそうな声で犬がないていたら思わず抱いて外に出してあげたいと思うのが普通だと思いますし、
そしてそこでちょっと甘えさせてあげたいとな思う気持ちもあるのが普通ではないかと思います。
そんなことももちろんですが、とても大事なことですし、飼い主の優しさが子犬にもちゃんと伝わるということもとても大事なことなんだと思うのが普通だと思います。

でもしかしこのついついと甘やかしてしまうと言う行為が犬の無駄吠えのしつけにとってはとても逆効果になっているという話しのです。
犬は話しが出来ないので吠えると言うことで人間が自分の事をいかにして甘やかしてくれるといった認識を
持ってしまうと言う可能性がありますのでここで甘えたいと言うときには吠えたりしてしまいます、
その結果が吠え癖と言うのがついてしまうということにつながるのです。

そこであまりにも甘やかしすぎるのではなくちゃんとしつけをしなければなりません
それで無駄吠えのしつけのしかたはどうすればいいのだろうかと思いますよねそこなんですが、
気になるのはわかりますがここは我慢をして、なるべくなら無視をすることなのです。
それでもあまりにもいつまでも吠え続けているのであればここで一言言って下さい「コラ!」と叱ることもしつけになりいいことなのです。
そうでもしないと、犬の吠える声も結構響きますから、吠えている声が近所迷惑にもなってしまう可能性も出てきます。
無駄吠えしないためにもどういうしつけの仕方でもいいのではないかとは思うのですが、
まずは吠えても気にしないようにして無視をすること、それでも吠え続けるようならここでちょっと一喝をする
というやりかたを根気よく何回も行ってやっていくのが一番いい方法なのではないかと思います。

犬を飼うにしても可愛いからとか可哀想だからと言ってあまり甘やかしてばかりいて無駄吠え癖がついてしまってからでは遅いと思いますので
ここはしっかりとしつけをしていきましょう
posted by しつけ丸 at 08:39 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。