犬のしつけ ワンポイントアドバイス その1

犬をこれから飼うにしても犬に主導権を認識させてしまってからではおそすぎますのでここで
やらなければならないのが飼い主が【犬のリーダーになろう】と言うことです

まずは犬をしつけるためにはいろいろとあります、それは飼い主が犬のリーダーになると言う必要性がでてきます。
飼い主が犬のリーダーになるというのはしつけのなかでも基本中の基本な話しのです。
そう言うこともテレビでもたまにやってますのでもうすでに知っていると言う方も数多くいらっしゃるのではないかと思います。

ではなぜこれが大切なのかと思う方もいると思いますがそれはと言うと、
犬の習性の中でも「リーダーは絶対」だと言う事が言えます。
そうですからこの習性を活かすためにもこのしつけの基本なんだと言うことになるからなのです。

野生の犬の中では、犬のなかでもリーダーの言うことをちゃんと聞かなければ群れから外されたりとかします、
そして制裁を食らったりとかをして時には最悪の場合には命の危険へとさらされると言うこともあるのです。

野生の中でも生きていくにはこう言った習性を持っているんですね 野生の犬だけでなく飼われてる犬にもこの習性があります
そこでこの習性を上手に利用をしていきましょう、
そして犬のちゃんとしつけをするようにすれば犬自体は苦痛を感じると言うこともなく上手にしつけをできるようとなってきます。

そして次に必要なことは【順位付け】です
犬をしつけて行く時には、
まずは重要なポイントになると言うのは飼い犬にとっての「群れ」とになるのが家族の順位付けなんだと思います。

例えばと言うと、小さな子供がいると言う家庭も多いとは思いますがその場合には、
犬と子供が仲良くしていくまでにまるで兄弟のようにと育ってしまうと言う場合があるようです。
犬と子供が仲がいいのはもちろん悪いことではなくいいことなのではありますが、
それでは順位付けも何もなくなってしまうような育ち方になってしまうと言うことでここで
ちょっと面倒なことになってしまいます子供はそうは思わなくても犬の中では子供が自分と同レベルだと言うふうに判断してしまうことになります、
そうなってしまえば犬が成長した時には子供よりも自分が上の立場にたとうとしてしてしまいそして子供に攻撃をしてしまったりとかします、
そうなってしまえば犬は子供の言うことを全く聞かなかったりしてしまうという可能性が出てきます。

こうなってしまえば少し手遅れの場合がありますのでこうならない為にも、犬にちゃんと順位付けと言うのをちゃんと教えるためににも
いろいろな工夫が必要となってきます。工夫の一つとして例えば食事をするときには家族が食べ終わった後に与えるとか、
そして家のリーダーが家族を呼ぶときには犬を初めに呼ぶのではなく家族の最後に呼ぶとかそう言う工夫
などがをしていくのがいいのではないかと思います。

犬に誰がリーダで自分がどんな立場なのかを教えるためにもいろいろな工夫を上手にしていきましょう

タグ:犬のしつけ
posted by しつけ丸 at 17:54 | Comment(1) | ワンポイントアドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬のしつけ ワンポイントアドバイス その2

犬を飼うににしてもしつけがちゃんと必要ですよねそこでまずは【態度は変えずにしつけをする】と言うことです

ポイントの一つとして犬をしっかりとしつけると言うのがありますが、まずは覚えておいたほうがいいと言うことは犬は少し混乱しやすくなっているようです
そこで混乱をしないようにするためにもちゃんとしたしつけしていくと言うを注意をしなければなりません。
犬は頭がよいとよく言われているようですが、
人間の世界におけると言う善悪の判断がつくと言うほど頭がいいと言うわけではありません。

そんなことですから、もし犬がここで噛みつくと言うことなどの行為をしてしまったら、
例えそれが甘噛だったとしても、この時にはちゃんとしかるようにしましょう
甘噛だからと言って甘く見てここで黙っていって叱らないと言うような態度を取れば後で大変な目にあいますので。

そしてまた逆に言えることはもし良いことをした場合には、ここで思いっきりと褒めてあげるようにしましょう。

でもそうとは言っても犬はとても可愛い動物だと思います。何かちょっと悪いことをしたとても
「仕方ないなー」なんて思いそう言ってついつい許してあげたくなっちゃうのが普通だと思います。
犬が可愛いなと思う気もちもよくわかりますが、それでも毅然としっかりと一貫した態度を持ってきちんとしたしつけをしていくときには
しっかりと接するようにしていきましましょう。

それからまだ大事なことがありますそれは【褒めるときにはいいことをした行動のそのすぐ後に】です

叱るときもしても褒めるときにしてもどちらも同様と言える話しなのですが、
犬が何かいい行動や悪い行動をしたと言う直後に褒めたりとか叱ったりするということをちゃんとわけてしつけをしていくようにしていきましょう。

その場で褒めないであとで少し時間がたってから「あのときにはいいことしたねー」なんて褒めてあげたとしても
そこは人間の子供とは違い犬にはいったい何の事で褒められてるのかと思い何のことなのかか分からないようです。
叱る時も褒める時もタイミングと言うものがとても重要なのですそこでもしタイミングが悪ければ
たとえ悪いことをしても何もしなければそこでこれは良いこなんだと言うふうに認識をしてしまったりとしてしまうと言う可能性が出てきます。

このことからも言えるように犬がなんらかの行動を起こした直後にちゃんと褒めてあげれば、
犬がいったいどんなことをしたら飼い主に褒めてもらえるのかをちゃんと認識をしていきます、
次からは褒めてもらいたくてこれからもいい行動をするようにとなってきます。

犬をしつけるにも色々とありますので少し大変かもしれませんがしつけするには「叱る」と言うよりも「褒める」と言うことが大切なことです。
ですから犬がいいことをしたとしたらここできちんとタイミングを見極めて良くやったねと言うように褒めてあげるように上手にやっていきましょう。

posted by しつけ丸 at 16:54 | Comment(0) | ワンポイントアドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬のしつけ ワンポイントアドバイス その3

犬を飼うにつれ名前も必ずつけますよねそこでまずは【呼び方を統一しよう】と言うことです

犬のしつけをするときには、「駄目」とか「コラッ!」とかなど色々としつけをするときに声をかける
と言う呼び方があるのではないかとは思いますが、しかし犬にこの呼び方はちゃんと統一をしていくと言うことが必要なのです。
犬に人間の言葉をあれもこれもとをたくさん並べてそれを全部覚えさせようとしても少し無理があると思います。
犬を叱るにしてもそして同じ叱る言葉でもいろいろと変えてしまってはいけないのです、
ここで言葉をちゃんと一つに統一していかないとその時に犬は混乱と言うのを起こしてしまうと言う可能性がでてきます。

また、叱るときや褒めるときに犬の名犬を混乱させるわけにもいけません、そして名前を言ってしまうと言う場合もあるとは思いますが、
この場合には少し注意をしていくと言う必要が出てきます。
犬を叱るときにも、褒めるときにも名前で呼んでしまう人も多いいとは思いますが、
でもそこでいつでも名前で呼ばれていたとすると犬はいったいどっちで呼ばれているのかと言うふうに分からなくなってしまうと思います、
そこで名前を呼ばれる時=叱られている時、または名前を呼ばれる時=褒められている時と言うふうに認識をしていまいます、
そしてそれがつながりとなりしつけが少しうまくいかなくなってしまいます。

ですから、犬の名前を呼ぶときには叱る時には呼ばないようにして褒めるときだけ名前で呼ぶというように決めておいたほうがいいと思います、
名前を呼ばれるときには褒められてるんだというようにとてもいい認識と言うものを植えつけるようにして言った方がいいと思います。

それから次には犬が良いことをした時には【ご褒美をあげよう】と言うことです

犬はしつけがとても必要ですそこでしつけをしていく上でとても有効的であると言う手段の一つとして
ここでご褒美をちゃんとあげるということがあると思います。
犬をしつけるときにはいくら教えても出来なかったら少しイラついてきてついついと叱ってしまうと言うことがあると思いますが
ここで犬を、叱るということをするよりも、褒めると言うことの方がしつけをするときにはとても有効的なのです。
犬の場合には「叱られたから行動を止める」と言うのではなくて、
「ご褒美がもらえるために行動を起こす」という観点で考えていると言うことがあるようです。
そう言うことからも言えるように、犬をしつけて行くと言うときにはこういうことをちゃんとしていけば、
とてもいいご褒美がちゃんともらえるんだということを犬に教えてあげましょう。人間もそうなんですが犬はご褒美がだいすなんです

それから、犬はいたずらをすることが大好きなのですそれでいたずらなどをするすることもよくあることです。
そういういたずらをしているときにはどんだけしつけをしようとしたとしてもこれではできなわいという場合もあるんだということを
しっかりと覚えておきましょう。しつけするにも時期やタイミングと言うものがちゃんとあるのですね

そのへんをちゃんと踏まえてしつけをしていきましょう

posted by しつけ丸 at 15:54 | Comment(0) | ワンポイントアドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬のしつけ ワンポイントアドバイス その4

犬を飼う時にまずは気お付けなければならないことがありますそれは犬を【甘やかさない】と言うことです

犬を飼い始めてみたらそれはあまりにも可愛すぎてしまいついついと色々な行動を注意もなにもしないで多めに見てしまうと思います。
でもしかし気持はよくわかりますがそんなことではちゃんとしたしつけと言うものができなくなってしまいます。
犬をちゃんとしつけたいと思うのならば犬にとっても自分にとっても大切なことなのですがここは決して甘やかしてはいけないと言うことです。
甘やかし方の例としては普通以上にに褒めすぎたりとか、おやつを必要以上にあげすぎたりと言うことがあると思います。

でも犬を甘やかさないと言うことは少し考えてみたとしてもとても難しいことだと思います。
甘やかしすぎてついつい餌やおやつをあげすぎて犬が太りすぎたら大変なことになってしまいますよね
そんなふうに、ついついと甘やかしすぎてしまうと言うこともあると思いますがその結果として、
犬は色々なめんで勘違いをしてしまうと言うことになります。
ではいったいどういう勘違いをしてしまうのかと言うと犬が「もしかして自分がリーダーかもしれない」とか
「自分はこの家族の中では一番のリーダー格の存在だ」などと言った勘違いです。
こんなふうに犬がもし勘違いをしてしまえば、ここでこれからのしつけと言うものをとてもしづらくなってしまうと言う可能性が出てきます。

そう言うことなので、犬をちゃんとしつけたいと思うのなら甘やかしたいと言う気持ちを抑えて甘やかし過ぎないように注意していきましょう
そしてどこから誰が見てもとても立派な犬になるようにとしっかりとしたしつけを十分にしていきましょう。

それから次に重要なのは根をあげずに【根気強くしつけをしよう】と言うことです

飼い主が犬をしつけているときによく出てくると言う想いというのがありますそれは「あせり」ではないかと思います。
一発で成功してたら誰も苦労はしませんいくら同じ事を何回も言い聞かせてるのに全く言うことを聞いてくれないと言うことはよくあることです、
そしてよくありがちなことなんですが他の犬と比べても相がないのについついと比べてしまうとかがあると思いますそれはよく感じてしまうことだろうと思います。

犬と言うのはこれまた厄介なもので集中力と言うのがあまりもないと言うことなので、
これは効率のよいことを考えてそしてよくしつけをしなくてはならないと思います。
そう言うわけなのですから焦りもわかりますがここは焦らずに何回も短時間のしつけを繰り返してみたりとかをしてそして反復練習をするようにして見て下さい、
その時には犬の方が飽きてしまわないようにいろいろと工夫をしたりして見たりして下さい
そして根をあげずに根気強く気持ちを持ってしつけをしていくようにしたほうがいいでしょう。
少々時間がかかりそうな気もしますが、飼い主側の方が根をあげてしまい決してさじをなげてしまうと言うようなことはしないようにして下さい
根気強く続けていきしっかりとしつけていけばきっと犬にも想いが伝わる日が来るはずだと思いますよ。

posted by しつけ丸 at 14:54 | Comment(0) | ワンポイントアドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬のしつけ ワンポイントアドバイス その5

犬を飼いと言う人も多いのではないかと思いますが犬を飼うに当たってまずは
【失敗しても叱らないこと】です
犬をしつけしている中でも、犬は失敗することももちろんのことたくさんあると思います。
そこで重要な事がありますそれは失敗ばかりするからと言って怒りたい気持ちもわかりますがここは絶対に犬を叱ってはいけないことだいうことです。

例えば例をあげてみますとトイレのしつけのときなのですが、トイレは重要なしつけではありますが
ここでしつけを始めたばかりのときにはやっぱりトイレを犬が失敗すると言うときが必ずと言ってもいいほどあります。
そのときについついと飼い主がいつもよりも高い声を出して騒いでしまったというときもありますよね。
その高い声を犬が聞けばもしかしてこれは褒められているのではないのか?
と言うふうに勘違いしてしまうと言う場合があります。これではしつけも何もできませんよね。

そうですから、たとえ犬がトイレを失敗をしたときでもここは冷静に低い声で「だめ!」と言うふうに
ここでしっかりとした叱りかたをするようにしていきましょう。それかまた叱るよりもここは見て見ないふりの無視すると言うのが効果的であると言う場合もあります、
ここは焦る気持もわかりますがそのときその場の判断に応じていきしっかりと注意するようにしましょう。

次に大事なことは【殴ったりしない】と言うことです
犬をしつけるときに、自分の言うことを聞かないと思わず手が出てしまいがちなのがよくあることなのですが、
体罰はよくありませんので絶対に手を出してはいけなと言うことです。
体罰と言うのは犬にとっては全然必要ないことだと思います。

まぁよく考えてみてもひと昔ならは弱冠の体罰を与えてそして教えるという考え方もなかったとも言えませんが、
現在では犬と言うのはいくら失敗するからと言ってもここで体罰を与えないようにしましょう、
ついつい手が出てしまうと言う気持ちもわかりますがここは焦らずに根気強く何回も同じことをちゃんと教えてさえいれば犬もおりこうさんなのできちんと理解をしてくれると思います。
例えもしここで体罰を与えてしまったとしたら、ここで噛み付かれてしまったりしてこう言った反撃を食らってしまうと言う可能性が出てきます、
それではちゃんとしたしつけにはならないのではないかと思います。
しつけをするところか返って反対に犬との信頼関係が失われてしまうと言う可能性があります。
ですから、飼い主側の方も焦らずに根気強く何回も繰り返して同じ事を教えていくようにしたほうがいいでしょうここは根気比べになりそうですね。
でもそうすることによって、犬とよりよい信頼関係が生まれてきます、
そしてしつけもうまくスムーズにいくようになるのではないかとと思います。

何事も初めと根気が必要とされるのだと思います

posted by しつけ丸 at 13:54 | Comment(0) | ワンポイントアドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬のしつけ ワンポイントアドバイス その6

まずは【子犬のしつけの方法】です
子犬をしつけるときには少し手間がかかるかもしれませんと言うのも色々な工夫が必要となってきます。
子犬はと言うと、人間の子供と同じようにまだまだお母さんが恋しいと言う年齢でもありますよね。
そういうのをみてても飼い主にしてもついついと甘やかしたくなってしまうのではないかと思いますが、
子犬は確かに可愛いものがありますものね、でも子犬のうちからしっかりとしつけをしておけば、
この先もしつけもとてもしやすくなりますし、飼い主や、子犬ともお互いにも暮らしやすくなるとのではないかと思います。

まずは一番重要になるポイントとなる子犬のしつけではありますがそれはと言うと、
可愛いからと言ってここで甘やかしてはいけなと言うことがあげられます。
しつけをするときには子犬だからと言ってできるわけないと言う考えは捨てた方がいいでしょう、子犬でもちゃんとしつければ出来ます
ここはきちんと子犬をしつけてあげると言うことが必要であり大切なことなんだと思います。

そして、子犬に教えると言うことでとても大切なこととは犬と飼い主との主従関係をちゃんと教えることなんだと思います。
例えばと言うと、おもちゃなどを使って犬と飼い主で取り合いの遊びをしてみて下さいそして飼い主が勝つなどとかしてみて、
そして犬と飼い主の誰がリーダーであるのかなどをきちんと犬に教えておいた方がいいでしょう。

次は【子犬のときにしておくしつけ】です
まずは子犬をしつけると言うときには、
あれもこれもとしつけをしなきゃと思い焦って無理やり行おうとしようとすると言うのは無謀な話しです。
犬と言ってもまだ子犬なのですからいきなり難しいしつけはできないようです。
そうは言ってもしかし簡単なものならばそれは可能なことです。
その上、あるいは子犬のほうがしつけの内容によってはその方が覚えやすいと言うものも中にはあると思いますので、
その辺をよく考えてちゃんと見極めてからしつけをしていくようにしましょう。

そしてまた、子犬を飼ってればそこであまりにも可愛くて子犬と飼い主だけの世界になりがちになるのではないかと思いますが、
その気持はよくわかりますがそんな世界だけではなくて、
外の犬とも少し触れ合うなどをしたりしてこの世の中には自分ばかりでなくて他にも色々いるんだなということを子犬にもちゃんと教えてあげましょう、
そしてしっかりと社会性があると言うりっぱな犬に育てるようにとちゃんと心がけてしつけをしておくのも決して悪いことではありませんいいことなんだと思います。
posted by しつけ丸 at 01:54 | Comment(0) | ワンポイントアドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。