犬にトイレをしつけよう!

これから犬を飼ってみたいわと言う人も多いとは思いますが、犬を飼うとなるとただ可愛いだけでは済まされません、
ちゃんとしつけと言うのをしなければならなくなってきます。
そんなときに犬が人間の言葉をちゃんと理解できたら本当にどんなに楽だろうと思いますよね。
でもここでめげずに、犬も賢いので、ちゃんとしつけをしていき犬が自分のよきパートナーなるように頑張ってやっていきたいところです。

犬を飼い始めたらまずは最初にトイレをちゃんと教えてあげるようにしましょう。
所かまわず色々な場所でトイレをされたら凄く困りますよね。

そのトイレをしつけているときに、必ずしも一回で成功するわけではありません
失敗してしまうと言うことは、沢山いっぱいあると思いますがそのときについつい叱ってしまうと思います
でもしかし、叱る前にそれ以上に大切なことというのがちゃんとあります。
つまりそれが叱ると言うことでなく「ちゃんと褒める」ということなのです。
失敗してしまったことを叱ると言うよりも、ちゃんとできたことをここで褒めてあげたほうが
犬はよりトイレを早く覚えてくれることだろうと思います。その辺はおむつが取れそうな子供と同じようなものですよね

そしてまた、犬がトイレをしそうな雰囲気を出してそれに気がついたらすぐにトイレに連れて行くようにしましょう。
ではどういうときがトイレに行きたい雰囲気を見分けるのかなと思いますよね、
それは、犬がいつもとちょっと違うそわそわしてみたりとか、においを嗅ぐような行動をしてみたりとかをします。
そういう行動を起こした時にはちょっとでも見逃さないようにしましょう。
また犬が寝ておきたときのタイミングの場合もトイレに行きたいと言うタイミングですのでここで見逃さないようにしていきましょう。

サークルの中にトイレを置いているときには、そのサークルの中に連れて行くようにして下さい。
そしてトイレがきちんと決められた場所でちゃんとできたら排泄が終わった後にすぐにでもちゃんと褒めてあげるようにしたほうがいいです。

また、犬がトイレを万が一失敗してしまったらすぐにそこでしっかりと叱ります、
そしてすぐにでも後片付けをするようにしたほうがいいでしょう。
ここで注意するべきことがありますそれは、叱るときはいつも別な叱り方でなく叱り方はいつも同じ言葉でするようにと言うことを知ることです、
そして片付けるときには臭いを残さないように消臭剤を必ず忘れずに使用することです。
posted by しつけ丸 at 11:54 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬を幸せにするしつけ

最近は犬を飼うと言う方も多いと思いますが、まずは犬を飼い始めたら一番に考えて欲しいのが「しつけ」なのです。
ただ単に可愛いからと言って飼うのではなく子供を育てるのと同じようにきちんと「しつけ」をしてそして犬と一緒に快適でそして癒されて
楽しく暮らせたらこんなに言うことはないと思います。

ここでいう犬の「しつけ」と言うのは犬が悪いことをした時にただ単に叱って言うことを無理矢理と
聞かせるような物ではなくて、犬は賢いのでしっかりとしつけをすればわかりますので、ダメなものはダメとしっかり言い聞かせて、
それがちゃんとできたらしっかりと褒めてあげるというのもちゃんとしたしつけなのです。
このしっかりとしたやり方によって、そうしてしつければしつけるほど犬は元気に明るく、
そして飼い主との信頼関係もしっかりと深くなりますし、飼い主も犬もお互いがちゃんと幸せになっていくんだと思います。
まずは犬を飼うことで大切なことは犬が飼い主のところでストレスをためずに幸せに暮らしていけるような生活になること、
すなわちそれが犬にとっても幸せになるための「しつけ」が必要になってくるのです。

それではどう言ったしつけをすれば幸せになっていけるのだろうか?と思いますよね
ではその例を少しご紹介していきたいと思います。


・まずは犬とたくさん遊んであげることが大切なことです。
犬は一緒に遊んであげることにより人間との間のコミュニケーションの取り方を少しづつと学んでいくようです。
そしてただたんに遊ぶだけではなくここで愛情を込めて一緒に遊んであげると言うことで
犬側の方もちゃんと愛情をもらえるような上手な遊び方を自然にと身につけていくことだろうと思います。

・そして色々な経験をさせてみましょう。
犬はもし自分が経験したことがないことをさせると、自分の安全を守るために少し攻撃的になる時もありますが。
しかし、その遊びが経験があるとすれば怖い思いをしないで済むので安全に過ごすことができるようです。
そのためにも色々な経験をさせて遊んであげることも大切なことなんだと思います。

・犬の身体にたくさん触れてあげて、少しでも安全に暮らせるようにしましょう。
犬の身体に人間の手が触れると言うことはとても心地よい事なんだということを犬に認識させてあげましょうましょう。

赤ちゃんと触れ合いスキンシップが大切なように 犬にとっても遊びやスキンシップがとても大切なことなんだと思います。

posted by しつけ丸 at 10:54 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬に「ダメ」をしつける

小さな子供と一緒で犬と言うのは基本的にはいたずらがとても大好きな動物なのです。
大人になった犬よりも子犬のほうがとても結構意外ないたずらをすることがよくあります。

そんな子犬がいたずらをしたりしたらただ見てるだけで子犬だからと言ってそこで「しょうがないなぁ。とか可愛いなぁ」って
思ってしまいついついそのままにしてしまいがちだと思いますが。そうしてしまえば、
子犬の方はこれをすることは駄目ではなくいいことなんだと言うふうに判断をしてしまいます、
いたずらをする=飼い主が喜ぶことなんだと思ってしまい止めるどころかそれを更にやるようになってしまいます。

室内で飼う犬の場合には、部屋の中と言うところには電気や食べ物など人間にとっても何ともないことでも
犬にとってはとても危険なものというのがものすごくと言ってもいいほどたくさんあるということです。
少し大変かも知れませんがそういう危ないものに触ったり食べさせたりしないようにする時に必要なしつけには
「ダメ」というしつけがとても有効的になってきます。それくらいにこの「ダメ」というしつけとはとても重要なものの一つなのです。

ではこの「ダメ」のしつけを教えるときはどんな時なのかと言うと、とても大切なのはそれはまさに現行犯
でということなのです。痕跡を見つけてからそれに対して犬をしかったとしても、
犬はなんで怒ってるのだろうと言うふうに何に怒っているのかさっぱりと理解ができずに混乱してしまうようです。

そう言うことなので犬が混乱しないためには、まずは現行犯と言うことでその場をみつけたらすぐにでも「ダメ」
だと言う事を口調を少し強めにして叱るようにして下さい。

また、なんでもかんでも叱ったり褒めたりと区別つもせずに
するのではなくて、しっかりと叱ることと褒めることを上手に使い分けることもとても大切なことなのです。
いたずらをしたらしっかりと叱る!そしていたずらを止めたらしっかりと褒めるというように
きちんと上手に使い分けるようにしたほうがいいです。
このとき大切な事がちゃんとありますそれは、犬を叱るときには名前を呼ばないようにすることです。
なぜなのと思いますよね、それは、もしここで犬の名前を呼んで叱ってしまうと、
普段普通に名前で呼ばれたときにでもここで叱られていると思い込んでしまうからなのです。犬を飼うにしてもいろいろと

しつけが大変かもしれませんがここでちゃんと 叱ると褒めるを使い分けないと後で大変になるかもしれませんので
きちんとしつけをしていきましょう

posted by しつけ丸 at 09:54 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。