犬に「こい」「ふせ」をしつける

犬を飼うにしてもいろいろとしつけがあります、その犬のしつけの中には「こい」というのがあります。
これはその文字通りに飼い主自身から離れている場所から犬を自分のところまで呼ぶと言うときのしつけと言うわけなのです。
この関連付けのしつけの一つとしての中でも「待て」と言うがあります。
これは一緒に教えるようにしていくといいでしょう。

この「来い」と言うのがとても役立つと言うのは外で散歩をさせているときとか、
運動をしているときなのです。まずは最初のうちはリードをつけた状態で犬から少し離れてみてください。
目いっぱい離れたところで犬に向かって飼い主がしゃがみこんで「来い」と言ってみます。
こうして何回もやってみて犬が飼い主のもとまで来るようになるまでしつけていきましょう。
でもしかしこのしつけは最初に「おすわり」と「まて」がきちんと出来ていなければとても難しい事なので
きちんと順序だててからしつけをしていくようにしたほうがいいと思います。

「おすわり」と「まて」が出来るようになったら次にこの「来い」をしつけます
この「来い」が出来るようになったらその次にリードを更にもっと長くしてみたりしてみます、
出来るようになったら最終的にはリードを外してみたりしてみましょう。

では次には「伏せ」というしつけがあります色々としつけがありすこし大変ですが。
犬をお座りをさせたままおやつなどを見せてみます、そしてそのおやつを地面に少しづつ近づけてください。
そうしてみれば、犬がおやつが欲しくてそれを追ってごく自然にと「伏せ」」の状態になります。
この伏せる状態になる瞬間をみつけてそこで飼い主は「伏せ」と声を出してみましょう。
もちろんのことここでうまく伏せが出来たらちゃんと褒めてあげてくださいね。

でもどうしてもここで伏せができない場合には、根気よくおやつを目の前にほれほれと言うふうに見せながら
前足を少し手に持って手前に引っ張ってあげてみましょう。
これを根気よく繰り返していくと徐々にと伏せができるようになってきますよ。

何をするにも根気が必要になってくるんですね、ご褒美をあげることによって伏せが出来るようになったら
ご褒美を挙げなくても、手と声だけを使って出来るようになるまで頑張ってみてください。
もちろんここでちゃんと伏せが出来たらしっかりと褒めてあげることも忘れないでくださいね。

犬も子供と一緒にいい事をしたときには褒めてあげるのが一番なんです

posted by しつけ丸 at 08:54 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬のしつけとは

犬を飼っていくなかでも可愛がるのも大切ですがその前にまずはしつけが必要となってきます
例えば犬のしつけと聞いたら「お手」とか「お座り」などと言った基本的なものがありますが
それをを教えるのがしつけだと言う行為なんだと思う方も中には多くいるのかもしれませんよね、でもそれだけではないのです。

犬のしつけをしていくと言うのは人間と犬が心地よく楽しく仲良く一緒に暮らしていくと言うための
方法を犬にしっかりと教えていくと言うことではないのではないかとそう思います。

まずは、始めに行うのは犬に禁止事項と言うのをしっかりと教えていきましょう。
それでは禁止事項とはどんなことかと言うとまずはトイレを決まった場所以外ではしないこと、
無駄吠えをしないこと、などといろいろとありますそしてまた、犬のおもちゃも遊んでいいものと悪いものの区別しっかりとを教えていくこともしつけの一つに含まれてきます。

犬をしつけるにもいろいろとあって少し大変かも知れませんが、
犬のしつけをしていくことににあたって、まずは覚えておいてほしい事があります、
それは犬をしつけをしていくと言うことで、その言うことを聞いてくれればさえいいと言う考え方をするのではなくて、
大事なのは飼い主側の方も犬が飼い主のしつけをちゃんと聞いてくれるような人になると言うことも言えます

少し難しいのかもしれませんが、それでは犬のしつけをするのはいったいなぜ必要なのだろうと思いますよね
例えばなんですが散歩の途中に意味もなくむやみに知らない人に向かって吠えかかったりとかする時もあると思います
吠えられたそんな経験はありませんか?そして知らない人に急に襲いかかってしまったりとか、
何でもむやみに変なものを拾い食いしたりなどをする可能性もありますそう言ういろいろなことをしないように、
そしてまた犬と飼い主が一緒に暮らしていく中でも快適な生活をおくらせるためにもしつけが必要となるわけです。

もし犬がきちんと飼い主にしっかりとしたしつけをされているとしたなら、
いつでもどんな状況のときでも飼い主の言うことをちゃんと聞き、そして回りにも迷惑がかからないようにできるということです。

犬のしつけを通して言えることがありますそれは、飼い主や犬の安全面などや、周りの人々の安全面もしっかりと守ると言うことがしっかりとできると言うことです。

そう言ったことを考えると犬のしつけはとても必要となるわけなのです
そしてまた教える側の飼い主の方もきちんとしつけの義務などを果たしているとか、
犬に最低限のマナーを身に付けておくようにとしっかりとした心構えをしっかりしておく必要がでてくるのです。

人間でも暮らしていく中である程度のマナーは必要ですよねそれと同じように犬にも焦らずに根気よマナーを身につけていくのも
外で散歩するにも家で快適な暮らしをしていくにはとても必要となっていくわけです。

posted by しつけ丸 at 07:54 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬のしつけ ワンポイントアドバイス その6

まずは【子犬のしつけの方法】です
子犬をしつけるときには少し手間がかかるかもしれませんと言うのも色々な工夫が必要となってきます。
子犬はと言うと、人間の子供と同じようにまだまだお母さんが恋しいと言う年齢でもありますよね。
そういうのをみてても飼い主にしてもついついと甘やかしたくなってしまうのではないかと思いますが、
子犬は確かに可愛いものがありますものね、でも子犬のうちからしっかりとしつけをしておけば、
この先もしつけもとてもしやすくなりますし、飼い主や、子犬ともお互いにも暮らしやすくなるとのではないかと思います。

まずは一番重要になるポイントとなる子犬のしつけではありますがそれはと言うと、
可愛いからと言ってここで甘やかしてはいけなと言うことがあげられます。
しつけをするときには子犬だからと言ってできるわけないと言う考えは捨てた方がいいでしょう、子犬でもちゃんとしつければ出来ます
ここはきちんと子犬をしつけてあげると言うことが必要であり大切なことなんだと思います。

そして、子犬に教えると言うことでとても大切なこととは犬と飼い主との主従関係をちゃんと教えることなんだと思います。
例えばと言うと、おもちゃなどを使って犬と飼い主で取り合いの遊びをしてみて下さいそして飼い主が勝つなどとかしてみて、
そして犬と飼い主の誰がリーダーであるのかなどをきちんと犬に教えておいた方がいいでしょう。

次は【子犬のときにしておくしつけ】です
まずは子犬をしつけると言うときには、
あれもこれもとしつけをしなきゃと思い焦って無理やり行おうとしようとすると言うのは無謀な話しです。
犬と言ってもまだ子犬なのですからいきなり難しいしつけはできないようです。
そうは言ってもしかし簡単なものならばそれは可能なことです。
その上、あるいは子犬のほうがしつけの内容によってはその方が覚えやすいと言うものも中にはあると思いますので、
その辺をよく考えてちゃんと見極めてからしつけをしていくようにしましょう。

そしてまた、子犬を飼ってればそこであまりにも可愛くて子犬と飼い主だけの世界になりがちになるのではないかと思いますが、
その気持はよくわかりますがそんな世界だけではなくて、
外の犬とも少し触れ合うなどをしたりしてこの世の中には自分ばかりでなくて他にも色々いるんだなということを子犬にもちゃんと教えてあげましょう、
そしてしっかりと社会性があると言うりっぱな犬に育てるようにとちゃんと心がけてしつけをしておくのも決して悪いことではありませんいいことなんだと思います。
posted by しつけ丸 at 01:54 | Comment(0) | ワンポイントアドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。