犬に「おすわり」「無駄吠え」をしつける

犬を飼うにしてもただ可愛いだけではすまされません、いろいろとしつけと言うのがしっかりとありますその中の一つで
犬のおすわりのしつけと言うがあります、まずはおすわりをさせるときには、
普段いつもしていると言うポーズの一つであると言うオスワリのポーズのなかでもに
「おすわり」という言葉を使ってその号令と言うのを結びつけて行くようにしてそう言うふうにしてしつけていきます。
そのおすわりがしっかりと上手にきたときにはここで犬を褒めてあげると言う事がもちろん大切なことです。
最初のうちはそこでたとえ褒めてあげたとしても、犬のほうはいったいこれは何に対して褒められているのだろうか
とわからないのでいるのではないかと思いますが、しかし一回でなく何度もこの行動を繰り返していくうちに、
犬もちゃんとポーズと「おすわり」という号令がしっかりと結びついてくるのではないかと思います。

おすわりさせるのも大切ですよね、犬に教えておきたいしつけの一つのうちなのがこのおすわりというものなのです。
それと同様にも「マテ」というのもありますこのマテと言うのもしつけのうちの大切なうちの一つなのです。
たとえばなんですが犬がここで興奮状態であるときにでも「マテ」や「おすわり」がちゃんとできれば、
道行く人とそこですれ違ったときでも犬はちゃんと安心してまっていることができることだろうと思います。
犬を飼うにするにでもこれは最低限のマナーなのであるんだと思うことなので、
必ずしもこの行動をしつけて行くようにとしておきましょう。

次に大切なしつけなのですが、それは犬の無駄吠えに関することです、犬はよく吠えると言うことがよくありますが
この無駄吠えとは周囲にとってもとても迷惑な行為でもありますので絶対と言ってもいいほどに
止めさせたいと言う行為ではありますよね。でもしかし、吠える時にはただ甘えてきたりとか構ってほしい時だけではなくて
もしかして体調が悪くてそれで無駄吠えをすると言うこともありますので、
無駄吠えを絶対にさせないというようなしつけをするのではなくて
吠えると言うことをちゃんとコントロールできるようになるようにとしつけていくというような感じにしていけばいいかと思います。

少し大変かもしれませんが、コントロールというのは、もしかして体調が悪いからそれで吠えているのか、
それとも甘えたくて吠えているのか、どちらかの理由をしっかりと見極めて叱ったりすることなのです。
しかしただたんに叱るということもよいのですがそれよりはここで無視をするといったしつけの仕方のほうが叱るだけよりも効果的なのかもしれません。

posted by しつけ丸 at 00:54 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬をきちんとしつけましょう

まずは、【甘噛み】です
犬はいろんな所を噛んでしまいます。そこで甘噛みだから全然痛くないからこのぐらいは平気だと思ってしまいたとえそこで
噛んだとしても何もしつけをしないでしまえば、噛み癖がついてしまったと言う犬になってしまいます。そうなってしまってからではちょっと遅いです
このまま放置をしたままにしておくと犬が成長したときには自分の順位付けをしようと思ってしまい
その順番付けを噛むという行為に走ってしまうと言う場合になってしまいますので、
犬の甘噛みはさせないように絶対と言ってもいいほどにちゃんとここでしつけをしておいた方がいいです。

それならいったいどうやってしつけをすればいいのかですよね、
子犬にしても成長した犬にしても同様のことが言えるのですが少しでも噛むと言うたびに「ダメ!」
と一言を言ってしっかりと叱って下さい。
そして叱るのと同じくにして犬にとってもとても嫌なことであると言う息を耳に吹きかけたりとか
嫌な音を立てたりとかをして、噛むのを止めさせるようにして下さい。
ここで少し注意しなければならない事がありますそれはと言うとここで犬を驚かせてしまってはいけないと言うことなのです。
もしここで驚かせてしまうと噛むのを止めるところかついつい本気で噛んでしまうと言う場合が
あると言うことなのでここはしっかりと注意してしつけをして下さい。

次は【トイレ】です
犬のしつけで重要なのはトイレのしつけです子犬の方がトイレをしつけるときの方がしつけしやすいのではありますが、
例え成長した犬であってもちゃんととしつけることができますのでここで諦めてはいけません。

トイレをしつけて行く上でも注意しなければならない事がありますそれは、
たとえトイレを失敗したからとは言っても怒りたい気持ちはわかりますがここで決して叱ったりしてはいけないということです。
もしここで「ダメ」とかと言って少しきつく叱ってしまうと犬はここでトイレをすること自体がダメなことなんだと言うように勘違いをしてしまうので気お付けて下さい、
その結果で我慢させてしまったりとか最悪の場合には膀胱炎になってしまったりすることもあるので
決してここで叱ってはいけないのです。

犬にトイレのしつけをするのにあたって、一番簡単な方法もありますそれは犬がトイレをすると言う場所のそこを
トイレとして設置してあげると言うことなのですが、しかし場所的に考えてもそれは少し難しいと言う場合があるかと思います。
そう言うことですからちゃんと決まった場所でトイレができるようにしてあげましょう
決して焦らずに諦めずに根気よく犬にトイレの場所をちゃんと教えてあげるようにしていきましょう

犬を飼うにしてもしつけはつきものですただ可愛いからと言うだけで何もしないと後が大変ですのでしっかりと褒めると叱るを使い分けてちゃんとしつけをしていきましょう

posted by しつけ丸 at 23:54 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬にトイレをしつける方法

犬を飼う時にしつけというものが必要になってきますがその中でもトイレのしつけが必要になってきます
子犬のうちにトイレをしつけるのはどちらかと言えば比較的簡単なのですが、
成犬とかやトイレのしつけがもうすでに備わっていると言う犬に対してのトイレのしつけをしていくと言う
場合には子犬よりもここでちょっと根気がいる作業になると思いますでも失敗を恐れずにやっていきましょう。

ではそれならいったいどうやったらしつけしなおせばいいのだろうかと思いますよね、ではその話しをしていくとしましょう

例えばその例をあげていきますとちょっと大変かも知れませんが部屋の中のありとあらゆるところに
少し香りが強めなペットシーツを敷いていきます。

ここで時間をかけてペットシーツの位置を徐々に少しづつ一ヶ所に集めていきましょう。
この方法を使っていくとある程度は簡単にトイレの場所をしつけなおすと言うことが可能になってきます。

また部屋のところかまわずいろんな場所でトイレをしてしまうと言う場合もあるかと思いますが、
そう言う場合には部屋の全部にペットシーツを敷いておきましょう、
その時には飼い主が犬にトイレとしたい場所にトイレをちゃんとしたらしっかりと褒めてあげるようにしたらいいでしょう。
少し根気がいる作業かもしれませんが、これを何回か繰り返しているうちに褒めてくれる場所でしかトイレをしなくなってくるのではないかと思います。
一度覚えてしまっていると言うトイレのしつけ直しはとても大変だと思いますし失敗もあるとは思いますが
ここで根をあげずに諦めないで根気よく頑張ってやっていってく事をおすすめします。

もし犬にトイレのサインがでたら見逃さないで決まったトイレに犬を連れていってあげましょう。
これを何回か繰り返してやっていれば犬もちゃんとトイレを覚えてくれるはずだと思います。

またサインをだしたりとかそろそろトイレかなと思い犬をトイレに連れていったとしてもそこで必ずしも排泄すると言うわけではないようです。
そういう場合はいくら排泄しないからと言っていつまでもトイレには置いておかずにそこから出してあげるようにしたほうがいいでしょう。
決して排泄しないからとここで無理強いをしてトイレをするまでと縛り付けるようなことはしない方がいいでしょう
もしそんなことをしてしまったらその結果でトイレが嫌いになってしまいます、
そしてそこでトイレをしなくなってしまい最悪の場合別の他の場所で排泄してしまうようになってしまいますので
そんなことになってしまえば余計しつけしなおすのがとても困難になってしまいます

しつけしなおしの重要なポイントの一つとして上記のようなことがトイレのしつけの失敗しないためだと思います

そのへんを踏まえて根気よく焦らずにやってみてください。

posted by しつけ丸 at 22:54 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。