子犬の頃のしつけ

みなさんの中でもこれから犬を飼いたいなと思ってる人もおおいのではないかと思いますが
まずはここで子犬に関するしっかりとしたしつけの方法がいろいろとありますのでそれを
少しご紹介していきたいと思います。

まずはポイントの一つとして子犬をしつけるときにはそこの環境に慣れさせることも必要です。
子犬と言うのは人間の子供と同じ様に順応性がとても高いものです。
そう言うことですから初めのうちには多少戸惑う事が多いかもしれませんがかここは大丈夫です
そばに人間がいるんだと言う環境にここは慣れると言うことができるはずだと思います。
犬は人間に飼われる以上は、周囲に人間がいつもいると言う生活になりますので、
これはと言うと絶対条件でありますそして周囲の環境にもしっかりと慣れさせると言う必要が出てきます。

そしてまた、子犬のうちにワクチンがちゃんと終わっていないと外に散歩などはできませので、
ワクチンがまだという場合なら飼い主が犬を抱っこなどするようにして外に連れ出して、
まずは車の音を聞かせてみたりとか家の周りの音を聞かせてみたりするなをどして、
人間の子供と同じように家の中ばかりでなく家以外の外の世界を子犬にも見せてあげると言うことも
大切なひとつなのです。こう言うふうにして子犬に人間社会と言うものを少しづつ慣れさせていくようにしたほうがいいと思います。

犬を飼うににもしつけはとても大切なのですそのしつけをするのにも一番いい時期
というのもちゃんとありますその時期とは子犬のときが一番いいのではないかと思います。
なぜ子犬のときが一番いいのかなと言うと、人間の子供は小さいうちのほうが頭もとても柔らかくて
何でもすぐに吸収していきますますよね。それと同じように犬もそうなんです
そうですから、生後大体3週目〜12週目くらいの時期のうちにしつけと言うのを行うことが
最も覚えてくれる次期なんではないのかと思います。

そしてまた、このしっかりとしたしつけをちゃんと覚えやすい時期(=社会化期)とは、
他の事を覚える時期でもありますその時期とは自分と他のものを区別してくると言うことでもあります。
しつけというものはそういう時期にすることによって、そのことが当たり前の話しのことなんだと言うことを
子犬にちゃんと認識させると言うことが可能となってきます。しつけにもちゃんと時期と言うのがあります
そうすることにより、よりよい社会性を持ちますそしてリーダーの言うことをちゃんと聞くような
犬に育てていくことが可能となってきます。

何事もちゃんとしたしつけなどが必要となってくるのでここは焦らず根気よくしつけを頑張っていきましょう

posted by しつけ丸 at 21:39 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トイレのしつけ

犬を飼うにしてもいろいろなしつけが必要となってきますが、たとえばトイレのしつけがありますが、犬がもしトイレを失敗してしまったら
その時はあなたならいったいそこでどうすればいいのでしょうか?
犬にトイレをしつけようとしてもはじめはそう簡単に一回でうまくいくのはまれな話しだと思います
必ずといってもいいほどの付きものが失敗だと思います。
いくらトイレを教えたとしても決まったトイレ以外のところでトイレをしてしまったりすると言う話しはよくあることだと思います。
そんな失敗をしたときあなたはついつい犬を怒っているのではないでしょうか?確かに怒りたくもなりますよね
でも怒りたい気持ちはよくわかりますがしかしここでトイレのしつけの時には犬を叱っては絶対にしてはいけないのです。
人間の子供がおむつをとるときにも叱ってはいけないとよく言いますよね
もしここでトイレを失敗したからと言ってにここで怒ってしまうと、犬の場合にはその場所でトイレをすることが悪いことだというふうには認識はしません、
自分でなくそのトイレ自体が悪いことなんだと言うふうに認識してしまうと言う可能性があるようです。
もしそうなってしまうととても困ったことになってしまいますよね。

もしトイレを失敗したときには怒らずに黙ってすぐにそこを掃除するようにしてください。
ここで気をつけなければならない事がありますそれはその掃除するときには必ず消臭剤を使うなどをして
そのにおいをすぐにとるようにしてください。

そして、犬のトイレの失敗の場合は少々仕方ありませんが、もしここできちんとトイレができるようになったら
ちゃんとそれを褒めてあげるようにした方がいいです。そこで褒め方なんですがただ褒めるとか、
お菓子をあげるとか、一緒に遊んであげるなどなど色々な褒め方がありますが、
しかしお菓子でもいいのですがお菓子をあげると言うことだと一日に何回も与えてしまうと言う結果
になってしまうのでなるべくならこれは避けるようにして、ここは褒めてあげたりとか一緒に遊んであげたりとかをするほうがいいのかもしれないと思います。

このようにきちんと出来たらそこで褒めてあげると言うことを何回か繰り返していくと言うことで、
犬はこの場所でやんとトイレをすれば凄くいいことが起きるんだという認識を犬にしっかりと与えてあげることができるんです。

犬のしつけもいろいろありますがその中でもとても重要なしつけがトイレのしつけなのです。
ちゃんとわかりやすくしてあげて、なおかつ根をあげずに根気強くしっかりとしつけていくようにして
そこで褒めてあげるということもしっかりと上手に取り入れていき間違いのないしつけをしていくようにしましょう。

posted by しつけ丸 at 20:49 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅行・散歩の時のしつけ

犬を飼っていたら旅行に行くときでも家においていくのではなくて、犬も一緒に連れて行きたいと思う人も多いかと思います。
今ではペットもOKと言うホテルなども結構増えてきてますし
そこで犬を旅行に一緒に連れて行くためにも何か特別なことが必要なのではないかと思う場合があるとは思いますが、
犬も連れて一緒に行く旅行には何か特別なしつけというのは必要ないのです。
がしかし、犬と言うのは少し厄介なものでとても興奮しやすいと言う動物でありますので初めて乗る乗り物などや
泊まる場所などに行くと今までしつけがちゃんとできていたものがついつい興奮してしまいいつもやってることが出来なくなってしまうという
事態になることがあります。そのへんはちいさな子供と多少似てますよね

旅行に行ったら、初めて見ると言う人々がたくさんいますよね。
そのときに人にの迷惑をかけないためにも、そこの人たちのテーブルに手をかけないように注意をしなければなりません。
そして、キャリーバッグに入れた時の状態であっても犬が吠えないでおとなしく出来るかどうかとか、
人間にの乗り物酔いがあるように犬にも乗り物酔いが結構強くありますのでそういったさまざまな
障害があると言うことが考えられます。

そこで、旅行にも犬を一緒に連れて行こうと言うふうにお考えの方もいるとは思いますが、
その前にいろいろなことをしっかりと調べてから犬も一緒に連れて行ける状態なのかかどうなのかを
よく見極めてから連れて行くようにしたほうがいいと思います。

そして次に必要となってくるのは、旅行よりはとても簡単なのが犬の散歩についてのしつけなのですが、
ここで注意することがありますそれは犬と散歩をするときに思うのが、「安全」ということなのです。

犬の散歩での基本として必要なこともちゃんとあります、それは「まて」と「おすわり」それと「リーダー(人間)より先に歩かない」
ということなどです。このしつけが必要となるのは犬は道路に急に飛び出してしまうと言うことがあります
そう言うことを静止するためだったりとか、飼い主の方が知り合いに道端であったりして少しおしゃべりを
するときとかもありますよねそんなときとかに犬も待機させたりしなければなりませんそんなときにも必要な行為なのです。
またこれをすることによってよりいっそう、飼い主との主従関係がしっかりと深まるようにと、
そして犬にリーダーシップを取らせないようにとするためのことなどでもあります。

こういうことなどをいろいろと考えてみてもわかるように、
普段から散歩をするときでもしっかりと「しつけ」というのが大切な話しになってきます

犬を飼って一緒に散歩するにもしっかりとしつけをしていきましょう

posted by しつけ丸 at 20:39 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。