犬をしつける時期について

犬を飼うにしてもしつけが必ずと言ってもいいほど必要となってきます、では犬のしつけというのはいったいいつ頃から始めるのがいいのだろうかと思いますよね
犬を飼うに当たって大事なしつけがあります その話しをしていきましょう
まずは年の取り方なんですがそれは犬と人間と言うのは全く違ってきます。そしてまたどこから見てもわかるように犬の行動も本能も全然違ってきます。
たいていの皆さんもわかるように犬と言うのは人間よりも成長と言うのがとても早いようです。
その計算をしてみましょう、それはと言うと子犬の時期だと大体1ヶ月位で1歳という計算で成長していくようです。
実に早い成長です、ですからそう計算していけば大体半年で6歳になるということになってくると思います。
顔つきも人間の子供と同じように赤ちゃんの顔つきから少しづつ子供の顔つきに変わってくると思います。

このようにして、生後たったの何ヶ月かで人間で言う小学校入学のレベルまで成長すると言うわけなのでそうであれば、
本当に生まれてからすぐにでもトイレのしつけなどを始めておいたほうがいいのではないかと思います。
ここでちょっとよく考えて見てください。例えば人間の子供にもちゃんとトイレのしつけを教えなければなりませんよね
ではいったいトイレを教えるのっていったい何歳くらいでしょうか?人間の子供のときでは6歳からではちょっとそれじゃ遅すぎますよね。
では4歳ぐらいではどうなんでしょうか?これでもちょっと考えてみても遅いのではないかと思いますよね。
人間の子供ならトイレを教えるには、だいたい始めるのが1歳〜2歳位からしてみてもよいかと思いますので、
これを犬で言うと大体生後1ヶ月〜2ヶ月頃からトイレのしつけを始めてみるのがいいのかもしれません。

例えば犬の「咬む」という行為なのですが、そのしつけはある程度少し大きくなってからでもいいかと思います。
もし生後2ヶ月頃に焦って咬むなどというしつけをしたとします、
そうしたとしても力加減をちゃんと加減できるわけでもないですし、
それにあまり理解もできているとは思えないと思います。
人間で例えて言うと大体2歳位の幼児が母親に何を言われてもあまりよく理解できないのと一緒だということです。

そこで犬のしつけに関しては、精神面や年齢面などをしっかりとよく考慮をしてから、しつけの仕方やしつけの内容などを少しづつ変えていくのがいいと思います。

飼い主と犬がいつまでも長くよりよい共同生活を一緒に送るためにも、
ちゃんとしたしつけは是非とも行うようにしることをおすすめしたいと思います。

posted by しつけ丸 at 19:49 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬に留守番をしつける

犬を飼っていても飼い主は犬をおいて留守にしなければならない時は必ずありますよね
その為にも犬を飼うときにはちゃんと留守番ができるようにとしておくと言うしつけをする必要が出てきます。
まずは留守番をさせるにはケージの中でちゃんとそこでおとなしくしていられるかどうかと言うのが鍵となってきます。
そしておとなしく留守番をしてもらうためには、そのケージの中にいるのが犬にとってもとても居心地がいいと言う場所にしておかなければならないと言う必要が出てきます。
おとなしく留守番してくれれば飼う側としても助かりますよね、
ではどうすれば犬にとって居心地がよい場所になるのだろうかと思いますよね
ケージの中で食事をしたりとか、犬の好きで気に入ってるおもちゃを入れておいたりとか、
もしくは毛布を入れて置いたりするのがとてもいいかのかもしれません。

まずは犬にお留守番のしつけをしますそのときには、
ちゃんと留守番をしていれば時間が来れば家に人が帰ってくるのだということをしっかりと教えてあげると言うのが一番いいとのではないかと思います。
そのためには、いっきに長い時間留守番をさせるのではなくて徐々に徐々に少しづつと留守番をさせる
時間を長くしていきます、そして帰ってきたらここでたくさん褒めてあげて下さい「いい子で留守番してたね」といっぱい言葉をかけてあげましょう。

留守番をさせるときに大切なことがあります、それは出かけるときにはいつも変った出かけ方をするのではなくいつもと同じようにと出て行くことも大切です。
もしここでいつもと違った行動をとってしまうと、犬は逆にとても不安になったりしてします可能性がありますので
必ず出かける時にはいつもと同じようにして外出をするようにしましょう。

そして、犬に声をかける時には「ダメ」というしつけをするときにはいつもと同じような声のトーンでしましょう、
そうやって同じ言葉で言うようにしたほうがいいと思います。
その時その時に違う言葉をつかったりとか声のトーンを変えたりとかで言ってしまっては
犬の方は混乱してしまい飼い主の言うことを聞かなくなります。少々大変かもと思う方もいるとは思いますが大事なことなのでそうして下さいね
またしつけでダメということを教えるときには、決してここで体罰などは与えないと言うことです。
そしてここで大切なことはダメということがちゃんとうまくできたらここできちんと褒めてあげることです。

しつけの中ではダメという事は、トイレの失敗のときと同じようにダメといってはいけない行動もしっかりとありますので、
その時その時の状況に応じていきダメのしつけをしっかりとしていくようにしましょう。

犬を飼うにしても可愛いだけではすまされませんしっかりと根気よくしつけをしていきましょう

posted by しつけ丸 at 19:39 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬のしつけはふれあいから

これから犬を飼うと言う人も多いとは思いますそして犬を飼うとなると、色々することがありますまずは身体を洗ってあげたりとか、
耳や爪の掃除をしてあげたりなどと言った犬を触る機会が、目に見えて格段と増えてくるのではないかと思います。
そのときにその行為を犬が嫌がる時もあるとは思いますが、ここは諦めずに少しづつやっていくことをおすすめします
まずは、犬がそこで嫌がらないようにそして失敗をしないようにするためにも触ってもスムーズにお手入れが出来るようにすることが
ここでしっかりとしつけをしておくことが大切なことです。犬を飼うにもしっかりとしつけが大事なんですね

犬とは主従関係というものをとても大切にしているようです。
飼い主より犬のほうが、その関係性を自分より上というように犬が判断をしてしまう事がありますそうなると
体を触られると言うことを拒否してしまうと言う可能性が出てきます。そうなれば少し厄介になってしまいますので
ではこれを回避するためには何をどうすればいいのかと思いますよねそれはと言いますと
犬が大人になってしまう前に子犬のうちからいくら触っても大丈夫なんだと言うようにと
しっかりとしつけをしておくと言う必要が出てきます。何事もまずはしつけが大事だということなんです

まずは、最初に頭や胸を少しづつ触ることから始めてみてはいいのではないかと思います
犬にとっても頭や胸は触られたらそれはとても気持ちがよい部分なのであります。
まずは優しく愛情をこめて触れてみてください
そうやって気持ちがよい部分から触り始めてみてみると、大切なことは犬が飼い主に触られることに慣れるようにすると言うことなのです。

それに慣れてきたらその次には犬の耳を少し触ってみてください。
耳はお手入れをちゃんとしなくてはいけない場所の一つなのです。
最初からいきなり耳に障るのではなくて、顔からそして頭から徐々に耳に近づけていくようにしましょう
そして最終的にここで耳に障るようにしていくようにとしていきましょう。

それがすんだら、次にする事は爪のお手入れをちゃんとするためにも犬の手足に触らなければならないと言うことです。
嫌がるのを無理やりするよりも、犬が寝ている状態のときのすきに1本1本優しく触っていきます、
そこで慣れてきたころに爪を切るなどをしてそしてお手入れをはじめるようにしましょう。

犬が寝ている状態を仰向けにさせてからおなかをそっと触ってあげるようにしてみたらいいでしょう。
おなかを飼い主に見せると言うことで、犬は飼い主のほうが上なのだと主従関係をちゃんとはっきりと示すという
意味も持っていますので。

そして最後には歯のお手入れとかや薬などを飲ませる場合などのときのために、
歯を優しく触るようにしてみましょう。そしてちょっとずつ唇を開いてみて少しずつと歯茎を触っていくようにして下さい。

こうして少しづつ犬に触れて優しく体のお手入れをしてみてください、そうしていくうちに犬の方もそうされるのが慣れてくると思います

posted by しつけ丸 at 18:49 | Comment(0) | 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。